BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
企業研究

【リクルート】企業研究「ビジネスモデルの基本は"リボンモデル"」 ←この意味わかる?!

企業研究「リクルート」 今回は、リクルートのビジネスモデルについて解説していきます。 ところで、「リボンモデル」という言葉を聞いたことはありますか? この言葉こそ、リクルートが得意とするビジネスモデルを表しているのです。

こんにちは!ビズリーチ・キャンパス編集部です。
今回も「リクルート」について企業研究を進めていきましょう。

あなたは「リクルートのビジネスモデルは、”リボンモデル”なんだよ」と言われて、答えられますか?

わからない方は、記事を読んで、さくっと理解しましょう。

そもそも ビジネスモデル とは?

まずは、「ビジネスモデル」について理解しておきましょう。

ビジネスモデルとは、ビジネスとして売上・利益を継続的に生み出す仕組みのことです。
何か難しいことのように聞こえますが、あなたの家の近くにある「ラーメン屋」だってビジネスモデルに基づいて運営されています。

ラーメン屋のビジネスモデルは「物販モデル」と呼ばれているものです。店主が、商品(ラーメン)を企画・開発・製造(調理)し、そのラーメンをお客さんに食べてもらい、対価としてお金をいただくモデルです。 飲食店は基本的に、この物販モデルだと考えられますね。

このように、どんなビジネスであれ、ビジネスモデルとして仕組化されているのです。

リクルートのビジネスモデル「リボンモデル」とは? リクナビを例に解説!

ビジネスモデルについてご理解いただけたら、この記事の本命 リクルートの「リボンモデル」について見ていきましょう。

まず、リボンモデルをひと言で伝えるならば、
カスタマー(個人や一般の消費者) とクライアント(企業や事業者)のベストマッチングを生み出す仕組みのこと、となります。

カスタマーとクライアントを大量に集め、アクティブなユーザーになるように働きかけ、両者を結びつけてあげるのです。

「?」が浮かんだ、そこのあなた。焦らず、下の図と解説に進みましょう。

画像

リボンモデルには、3Stepがあります。
リクルートキャリアが運営している『リクナビ』を例に解説していきます。

Step1:より多くのカスタマーとクライアントを「集める」

どんなサービスもまずはここから。
サービスを使ってくれるカスタマーとクライアントを獲得しましょう。

例:リクナビ
リクナビのカスタマーとクライアントは以下のように定義できます。

カスタマー:就職先を探している学生(= 就活生)
クライアント:新卒学生を雇いたい企業

以降<リクナビ:>内では、カスタマーを「就活生」、クライアントを「企業」と表します。

就活生と企業に、リクナビを導入してもらうことが「集める」というです。

就活生には、リクナビに会員登録してもらうこと。
企業には、リクナビに求人広告を掲載してもらうこと、という具合ですね。

Step2:集めたカスタマーとクライアントを「動かす」

ただサービスに会員登録してもらっただけでは、まだリクルートの価値を提供できていません。積極的にサービスを使ってもらう(= サービス内で動いてもらう)必要があります。

例:リクナビ
今度は、一生懸命集めた就活生と企業に、積極的にリクナビを使用してもらうことが必要です。

就活生には、リクナビ内で企業検索をたくさんしてもらう、リクナビで告知されているイベントに来てもらう などと「ベストな就職先の企業を見つけるために」積極的なユーザーとなってもらうのです。

企業には、リクナビ内で学生に認知してもらうために、リクナビのトップ画面に企業広告を打ち出したり、リクナビの合同説明会にブース出したり、と「ベストな学生と会うために」積極的なユーザーになってもらいます。

このように、リクルートが介在することで、就活生と企業が徐々に動いていくのです。

Step3:カスタマーとクライアントを「結ぶ」

最後に、カスタマーとクライアントを結びつけてあげましょう。
つまり、マッチングということです。

カスタマーとクライアントの両者が満足するマッチングをさせることこそ、リクルートの価値なのです。

例:リクナビ
最後に、就活生と企業を結びつけます。
具体的には、就活生と企業が相互に納得した「内定承諾」を増やします。

就活生は、リクナビを通じて出会った企業に入社したいと思い、選考に進みます。

企業は、リクナビを通じてエントリーしてくれた就活生を選考し、「この人こそ自社が求めていた人材だ」という就活生に内定を出します。

その内定を、就活生を承諾することで、マッチングができました。
つまりは、リボンが結ばれた、ということになるのです。

お気付きの方も多いと思いますが、リボンモデルの図はリボンの形です。

リボンの結び目(= マッチング数)を如何に大きく(マッチング量を多く)、綺麗(質が良いマッチング)なものにできるかについて、リクルートは日々考え続けているのです。

参考:リクルートの すごい構“創"力 アイデアを事業に仕上げる9メソッド(著者:杉田 浩章 出版:日本経済新聞出版社)

最後に

明日から「リクルートのビジネスモデルは”リボンモデル”なんだよ」と周りの友人に話せるようになったでしょうか?
今回はリクナビを例に出しましたが、その他リクルートが手がける事業「じゃらん」「ゼクシィ」「タウンワーク」などもリボンモデルに当てはめることができます。ご自身が興味あるリクルートの事業についても、リボンモデルとして考えてみてください!
過去のリクルートについての記事もぜひご覧になってくださいね。

【リクルート】企業研究の記事はこちら!

「創業時は、○○○○の広告代理店だった!?」

「社風をあらわすコトバ『お前はどうしたいの?』」

「キャリア、マケパその他違いを徹底解説」

「リクルート志望学生なら一冊は読んでおきたい...!本6選」

2020卒学生の皆さんのキャリア選択を応援します!

ビズリーチ・キャンパスでは、早期から将来を意識し、キャリア選択に前向きな学生の皆さんを応援します! 「就職活動、何から始めていいかわからない。。」そんなあなたにおススメのイベントをご用意しました。