BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
選考対策

【失敗しない慶應大の就活】慶應生に人気の企業ランキングとは?企業選びのコツと慶應大の内定者に聞いた生の声をお届けします。

塾生の皆さん!就活の意識はし始めましたか?昨年3年生になったばかりだった私は、キャンパス内の先輩が皆スーツを着ていて「就活こわいなぁ」なんて思っていました。さて、実態はどうなのでしょうか? 今回は慶應大学の就活についてご紹介していきます。

慶應生の就活とは?

世間一般にも就活に強いと言われることの多い慶應義塾大学。入学したらもう勝ち組なの?OBOGが強いってほんと?実際に慶應生として就活を経験した筆者が、慶應生の就活の特徴3つを以下にご紹介します。

特徴1 就活のスタートが早い人が多い

慶應生は3年生になると同時に就活を意識する人が多い印象です。特に、文系学部生はキャンパスが三田に移ることで気持ちが切り替わるようです。自分でネットでの検索やセミナー参加をするのはもちろんのこと、ゼミなどで先輩や同期と活発に情報交換が行われ、大部分の学生がサマーインターンから就活を始める傾向があります。

特徴2 OBOGの母校愛が強い

慶應のOBOGは、大学の後輩を非常に大切にしてくださる方が多いです。実際に私が出会ったOBの方は「自分も大学のOBに親身になってもらった分、後輩にも積極的に手を差し伸べたくなる」とおっしゃっていました。こうした伝統がOBOGとの結束を確かなものにしているのでしょう。ちなみに、内定後も慶應の内定者とOBOG限定のイベントが企画される企業もあるそうで、、就活が終わっても良き相談相手でいて下さるようです。

特徴3 大手志向に偏りがち

有名企業に就職するOBOGが多いこともあり、大手志向の就活生が多いのが慶應生の特徴です。その一方で、知名度や周りからの評判を気にした就活になってしまうこともあります。自信過剰のうぬぼれた状態で本選考に臨み落選してしまうと、スピーディーに気持ちを切り替えることができず、「大手コンプレックス」にハマってしまう可能性があります。自分の軸を明確に持ち、選考に挑みましょう。

慶應大生の就職人気企業ランキング

就活の特徴が見えたところで、慶應生に人気のある企業をランキング形式でお教えします。

1位:東京海上日動火災保険
損保業界の売上高No.1企業。信頼性や知名度から顧客からの人気も非常に高いです。社員同士が役職に関係なくフラットな社風で、チーム単位で成果を上げることが求められるのが特徴です。

2位:三菱UFJ銀行
業界最大の規模を誇りグローバルにも注力しているメガバンク。「組織の三菱」として知られ、銀行だけでなくグループ全体として金融業界の王者として挑戦を続けている企業です。

3位:三井住友銀行
個人の営業力を強みとし、社員の平均年収がメガバンクの中で最も高いのが特徴です。旧体制のイメージが強い銀行には珍しいベンチャー気質の社風で、個性・個人を大切にする企業です。

4位:みずほ銀行
メガバンクの中で唯一財閥系ではない、グループ一体となったサービス提供が特徴の企業。
グループ内での異動も多く、証券や信託など他のメガバンクではかなわない多様なキャリアを歩むことができます。

5位:アクセンチュア
世界最大規模のコンサルティングファーム。5つの領域に事業を広げ、特にテクノロジーとデジタルの分野に強みを持っています。多くのクライアントの課題解決を長期的に行っているのが特徴です。

企業選びのコツ

ランキングで慶應生が選ぶことの多い企業を紹介しました。先輩たちは数ある企業の中からどのように志望先を決めたのでしょうか。ここでは企業選びの3つのコツを伝授します。

コツ1 自己分析

自分がどんなことを仕事にしたいのか。それを探るには自己分析欠かせません。まずは、過去の自分を振り返ること。自分史やモチベーショングラフを用いて自分の性格や特性を理解しましょう。続いて、なりたい自分からの逆算。将来自分がどうなっていたいのか過去の自分と掛け合わせて考えてみましょう。

コツ2 企業分析に大学提供サービスを使う

皆さんkeio.jpのデータベースナビを使ったことはありますか?キーワードから東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリーを差かしてみて下さい。業界地図や四季報など業界・企業分析に欠かせない書籍が、なんと無料で読めてしまいます!これらを使いこなしてサクサクと企業ごとの事業や風土を調べていきましょう!

コツ3 OBOG訪問をする

先ほどもお伝えしたように慶應OBOGは本当に親身になって下さる方が多いです。 実際の社風や具体的な業務内容が教えていただけるのはもちろんのこと、別の企業のOBを紹介してくださるなどキャリアの幅を広げるお手伝いをしてくださる方もたくさんいらっしゃいました。慶應の密なコネクションを駆使して就活を有利に進めましょう.

内定者の就活体験記

なんとなく慶應の就活が掴めたところで、内定を得た先輩たちの体験談を見てみましょう。

内定者1 https://br-campus.jp/articles/report/789

有名企業6社から内定を得た経済学部の先輩の記事です。業界を絞れず悩んでいた彼女がコンサルを選んだ理由とは。

内定者2 https://br-campus.jp/articles/report/773

こちらは、学部時代での失敗をばねに大学院生で無事第一志望の内定を勝ち取った先輩の記事です。相性の良い企業を見つけ、内定を獲得するための秘訣とは。
「慶應ブランド」は内定へと導いてくれる肩書ではありません。しかし、就活を上手く進めるための材料がたくさんあることも事実です。上手く「慶應ブランド」を活用し、スマートな就活をしましょう。

【22卒向け】サマーインターン 2020 エントリー締め切り日程まとめ

https://br-campus.jp/articles/report/892

【就活エリートたちが語る】20卒の就活失敗エピソード

https://br-campus.jp/articles/report/913