BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
選考対策

【失敗しない東大の就活】東大生に人気の企業ランキングとは?企業選びのコツと東大の内定者に聞いた生の声をお届けします。

東大生のみなさん、「就活のことがなんとなく気になり始めたけれど、何から始めればいいのかわからない」「他の人に遅れを取るのはいやだけど、急に就活にガツガツしだすのも…」なんて思っていませんか?3年生の春頃の私はまさにそんな感じでした。この記事では、そんな東大生のみなさんのため、東大ならではの就活事情をご紹介します。

東大生の就活とは?

日本最難関である東京大学。厳しい競争を勝ち抜いた東大生なら就活に苦労しない、というイメージがあるかもしれませんが、本当のところはどうなんでしょうか。
実際に東大生として就活を経験した筆者が感じている、東大生の就活の特徴3つを以下にご紹介します。

特徴1 就活のスタートが超早期組・後発組に二分される

東大生は他大の学生に比べて大学院進学や国家公務員・法曹・医師などの専門職を目指す人が多い傾向にあります。
就活を意識する時期になってから院進、資格試験の勉強など就活以外の選択肢も含めて将来を検討し始める人がいる一方で、入学後の早い時期から就活を意識して動いている層もいます。
彼らは3年生に進学する前から、いわゆる「選抜コミュニティ」に所属し、競争率の高い企業に特化した選考対策を行なっています。

特徴2 テスト対策を軽視しやすい

東大生はやはり難関の入試に合格した経験があるので、テストに対して自信を持っている人が多いようです。
しかしSPI・玉手箱などの就活におけるテストは形式に対する慣れが必要なので、全く対策をしないと高い正答率で通過することは難しく、難関企業だと東大生でもテスト落ち、なんてことは十分ありえます。

特徴3 無双する就活生もいる

特徴1,2で見てきたように、東大生は就活のスタートが若干遅かったり対策を軽視したりする傾向がありますが、やはり論理的思考力などの点に関し就活の場において高く評価されることが多いです。十分な自己分析を経て、ガクチカや志望動機、面接の受け答えでのロジックをきちんと通せるようになると、内定をもらいやすくなるでしょう。

東大生の就職人気企業ランキング

ここからは、実際に東大生に就職先として人気がある企業のランキングを見ていきましょう。(ランキングの引用元はこちらのサイトです。 https://diamond.jp/articles/-/229500?page=2

1位:野村総合研究所

日系の大手コンサルティング会社が1位となりました。 NRI含め、コンサル業界ではインターン参加からそのまま内定が出ることも多いので、気になる方は積極的に参加してみてください。

2位:アクセンチュア

2位も大手コンサルティング会社という結果に。 実際、私の知り合いにもアクセンチュアの内定を持っている人が多く、東大生を積極的に採用している印象があります。

3位:三菱商事株式会社

3位は業界トップの総合商社である三菱商事。 コンサルと並んで商社も東大生には人気がある就職先です。

4位:ソニー株式会社

4位には日本が誇る精密機器メーカーがランクインしました。 東大は理工系の学生が占める割合が高いことも影響しているかもしれません。

5位:PwCコンサルティング株式会社

外資系コンサル大手のPwC。外資系でもあるため選考が早いです。気になる方はインターンの情報をこまめにチェックしましょう。

6位:三菱地所

7位:マッキンゼー・アンド・カンパニー

8位:デロイトトーマツコンサルティング

9位:エヌ・ティ・ティ・データ

10位:日本アイ・ビー・エム

ランクインしている上位10社のうち半数に及ぶ5社がコンサルティング会社であり、うち3社はトップ5に含まれています。
このことから、東大生にとってコンサルは高い人気を誇っていることがわかります。
一方で、商社、デベロッパー、メーカー、ITと、他の様々な業界のトップ企業もしっかりとランクインしているようです。

企業選びのコツ

人気企業ランキングを見ても、興味のある業界や企業が絞れない、という方もいると思います。そこで、ここからは企業や業界を選ぶコツをご紹介します。

コツ1 自己分析をする

就職活動の第一歩は自分を知ることです。
自己分析のやり方について紹介している記事を参考に、ビズリーチキャンパスが提供している診断ツールも使いつつ、自分はどんな人間なのか、どんな仕事が向いているのか、じっくりと考えてみましょう。

コツ2 OB/OG訪問をする

自己分析が終わって、なんとなく自分が興味のある業界や企業がわかってきたら、いきなりOB/OG訪問をしてしまうのもオススメです。まだ早いと思うかもしれませんが、実際に働いている人から得られる情報はネットなどより参考になることが多いです。その際は、事前に業界についての自分の理解度を伝えておきましょう。

コツ3 インターンに参加する

実際の業務内容に似た経験をできるインターンに参加すると、自分の業界への適性がよくわかります。説明会的な側面が強い1日開催のインターンより、2日以上のインターンに参加することをオススメします。参加にあたって選考があることが多いので、エントリー締め切りをチェックして早めに対策を始めましょう。

内定者の就活体験記

ここからは、実際に東京大学に通いながら就活を経験し、内定を獲得した先輩の体験談を見ていきましょう。

内定者1 https://br-campus.jp/articles/report/751

激務で知られるアメフト部に所属し、就職浪人を経験された学部生の方の記事です。運動会でない学生にとっても学びが多い内容だと思います。

内定者2 https://br-campus.jp/articles/report/869

博士課程に進んで研究を続けるか就活を始めるか悩んだという院生の方の記事です。
学問への意欲が高い東大生が経験することの多い悩みかもしれませんね。

東大生が経験する就活の特徴についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
受験においては成功体験のある東大生だからこそ、油断せずしっかりと就活に向き合うことを強くオススメします。がんばってください!

東大生が経験する就活の特徴についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
受験においては成功体験のある東大生だからこそ、油断せずしっかりと就活に向き合うことを強くオススメします。がんばってください!

【22卒向け】サマーインターン 2020 エントリー締め切り日程まとめ

https://br-campus.jp/articles/report/892

【就活エリートたちが語る】20卒の就活失敗エピソード

https://br-campus.jp/articles/report/913