BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
業界研究

#1駅で読める!こんな人が向いている ~デベロッパー編~

こんにちは。アンバサ記事チームです。 この「#1駅で読める!こんな人が向いている」シリーズは、様々な業界にどんな人が向いているかを、電車移動中のスキマ時間にも読めるよう凝縮してお伝えする連載です。第3回は、デベロッパーに向いている人の特徴を分かりやすくご紹介します。

デベロッパーの仕事の本質は、 土地の価値を最大化するためのプロジェクトを統括すること です。もちろんそうした企画の核になるのは建築物ですが、デベロッパーはそれを取り囲む街全体の方向性をも決めることになります。よって、 都市の在り方を決めるような大規模な仕事に携わりたい と考えている人はデベロッパーに向いています。

また、 土地開発に関わる様々な仕事に従事してみたい と考えている方も向いています。デベロッパーは都市開発の様々な段階の意思決定に関わることになります。キャリアとしても、ジョブローテーションで様々な仕事に触れるといった方法を採用している企業がほとんどです。よって、不動産販売や建設などの特定のプロセスではなく、プロジェクト全体に携わりたいと考えている人もデベロッパーに向いています。

さらに、こうした大規模な案件はデベロッパー1社のみで完結するわけではなく、多くの関係各社との連携が欠かせません。よって 様々なプレイヤーを巻き込みながら 1つのことを成し遂げる ことに魅力を感じる方にもデベロッパーは向いています。もちろんこれには高い交渉能力や臨機応変な対応力が求められますが、これらの能力はデベロッパーで働くには必須のスキルとなるでしょう。

以上をまとめると、下図のような思いを持つ人はデベロッパーへの適性が非常に高いと言えます。ご自身に近いものを感じられた方は、ぜひデベロッパーで実際に働かれているOBの方々のお話を聞いてみることをお勧めします。各社の違いや自身の適性がより明確に分かり、より納得感の高い就活を行うことができるはずです。

画像

三井不動産のOB/OG一覧はこちら

https://br-campus.jp/companies/253/obs

三菱地所のOB/OG一覧はこちら

https://br-campus.jp/companies/246/obs