BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
お知らせ

【21卒必見】人気企業からスカウトを受け取る方法

夏が終わり、2021年卒業予定の皆さんにとって、就職活動やキャリア選択、企業選びへの意識が日々強まってきている季節ではないでしょうか。この記事では、企業からのスカウトを受け取りやすくするプロフィールの書き方をご説明します。

「スカウト」とは?

ビズリーチ・キャンパスには、「スカウト」という機能が存在することを皆さんはご存知でしょうか。 「社会人を探して、自分のロールモデルとなりうるであろう気になる方が見つかれば、早速メッセージでアプローチをして、OB/OG訪問をしに行く…」というのが、メインの使い方ではありますが、しっかりプロフィールを登録・更新をしておくと、企業からスカウトを受け取ることがあります。

ビズリーチ・キャンパスを活用している企業の人事の方は、皆さんが登録している情報(インターン経験や、海外経験、学生団体経験、自己PRなど。個人情報はマッチングするまで一切閲覧、取得することはできません)を見て、自社で活躍できそうな方や気になる方がいると、スカウト機能で学生の皆さんにメッセージを送信してアプローチをすることができます。

画像

スカウトの内容は様々で、「お話をしませんか?」というような面談のお誘いはもちろん、一般には公開をしていないイベントや座談会、はたまた特別選考ルートのご案内などが送られることもあります。

正直、ご自身のキャリアの選択肢に入ってはいなくても、日本を代表するような企業からスカウトが送られてくるのは自身の経験や経歴が認められているような気がして嬉しいですよね?そして、もしこれまで選択肢に入っていなくても、お誘いに参加してみたら、新たな選択肢が生まれることだってあるかもしれません。

ビズリーチ・キャンパスは、総合商社やメガバンク、大手インフラや広告代理店など日本を代表するような企業の多くが利用をしています。ここからは、スカウトの受信率を高めるプロフィール更新の秘訣を皆さんに伝授していきます。

その1:インターンで取り組んだ内容を詳しく入力しよう

重要度:★★★★★(Max)

サマーインターン、オータムインターンなどでどこの企業のインターンシップに参加した場合は、どんな取り組みをしたか、どんな実績を残したかを詳しく入力するようにしましょう。 1Dayなどの短期インターンの場合は、実績などはどのように書いて良いのか難しい場合があるかもしれません。その場合は、参加したプログラムを主催する 企業名のみ を入力するだけでも大丈夫です。

この項目を見て、企業の人事の方は、あなたがどんなことに興味を抱いているのかを知ることができ、自社にフィットしそうかどうかの判断をすることができます。 あなたの力をアピールするチャンスです!ぜひ具体的に記載してみてください。

2020卒の先輩のスカウト受信データを見ると、この項目を記載している方とそうでない方を比較すると、 「約5倍」 も受信数に差があることが分かります。

画像

インターン経験の更新はこちらから

その2:学生団体やゼミでの活動経験を入力しよう

重要度:★★★★☆

企業の人事の方は、あなたがどんな取り組みを学生時代にされてきたのかが気になっています。この項目は自由記述ですが、とても重要な項目なのでぜひ入力してみてください。 サマーインターンシップなどに取り組まれてきた方は、すでにエントリーシートなどで「学生時代に力を入れたこと」のテンプレートがあるかもしれませんね。そちらをそのまま活用いただいても大丈夫です。

2020卒の先輩のスカウト受信データを見ると、学生団体の項目を記載している方とそうでない方を比較すると 「約2.5倍」 、ゼミ・研究室の項目を記載している方とそうでない方を比較すると 「約1.8倍」 も受信数に差があることが分かります。

画像

ゼミ・研究室の更新はこちらから
学生団体・サークルの更新はこちらから

その3:キーワード項目をしっかり埋めよう

重要度:★★★★☆

ビズリーチ・キャンパスのプロフィールには、自由記述項目と選択式項目の2種類があります。簡単に入力できる選択式項目をしっかり埋めてみましょう。

「学生経験」「学問」「留学」「海外滞在」「インターン」「内定先」「興味のあるキーワード」と項目は全部で7項目。選択式なので全部で3分程度で入力できるはず。 このキーワードを見て、企業の人事担当者はあなたの経験や指向性を直感的に把握することができます。

「インターン」や「内定先」などは、経験や実績を積むごとに更新をすることをオススメします。

2020卒の先輩のスカウト受信データを見ると、この項目を記載している方とそうでない方を比較すると、 「約2.3倍」 も受信数に差があることが分かります。

画像

更新はこちらから

その4:自己PRを入力しよう

重要度:★★★★☆

フリー記述の自己PR欄。自由にあなたのことを表現し、アピールすることができる欄なのですが、自由に記述ができる故にどのように書けば良いのか悩んでしまうことがあるかもしれません。 ポイントは、「アピールしたい内容」とその内容を「裏付ける事実」をセットで書くことです。自己PR以前で記載した学生団体やゼミ活動の内容と重複していてもなんら問題はありません。

また、これまでの項目でアピールしきれなかったことがあれば、自己PR欄に記載してみても良いかもしれません。

文字数は250文字が一定の目安と言われています。 プロフィール編集画面には、ビズリーチ・キャンパス運営事務局が作成した例文もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

2020卒の先輩のスカウト受信データを見ると、この項目を記載している方とそうでない方を比較すると、 「約2倍」 も受信数に差があることが分かります。

自己PRの更新はこちらから

その5:プロフィール写真を登録しよう

重要度:★★★☆☆

ビズリーチ・キャンパスではプロフィール写真を登録することができます。OB/OG訪問を依頼する際には、相手に自分の人となりを伝えるためにもプロフィール写真はとても重要ですし、スカウトをより多く受信したいと思う場合は、企業の人事担当者にもあなたの雰囲気をなんとなく知っていただくことは重要になります。

2020卒の先輩のスカウト受信データを見ると、プロフィール写真を登録している方とそうでない方を比較した際に、1人あたりの受信数に大きな差は見られなかったものの、写真を登録している方のうち 「約95%」 がスカウト受信経験があったのに対し、写真を登録していない方は、その内 「約55%」 しかスカウトを受け取っていないことが分かりました。このデータをご覧いただくと、プロフィール写真の重要性がよくわかると思います。

プロフィール写真の登録はこちら

その6:上記以外の項目について

上記以外の項目に関しては、2020卒のスカウト受信データを比較しても大きな差は見られませんでした。しかし、どの項目もあなたの経験や実績をアピールするのに重要なデータとなりますので、出来るだけ埋めるようにしてみてくださいね!!