BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
選考対策

【インターンは私服OK】冬の服装を選ぶときのポイントと注意点とは

インターンで、私服を許可している企業が増えています。冬は寒さ対策としてカジュアルな服装になりがちで、選ぶ防寒具によっては仕事向きのスタイルでない場合も。私服OKでも、大人としてのマナーを守ることが大切なので、防寒対策の服装も注意しましょう。

冬の寒さ対策とビジネスマナーの両立はできるのか

仕事服はスーツというイメージが強いですが、オフィスカジュアルという、少しラフな服装を許可している企業は増えてきています。オフィスカジュアルを採用することで、堅苦しさをなくすといった効果があります。 ところが、ビジネスマナーを守りながら、寒さ対策もできている服装を選ぶことは、簡単なようで難しいことです。体が冷えると体調を崩しがちになり、仕事の効率も悪くなってしまいます。社風を乱さないような服装を考えながら、冬の寒さを乗り越えて仕事をこなしていきましょう。

冬の私服可能インターンでの服装のポイント

インターンで、私服可能としている企業は増えています。冬の服装として適したものを取り入れ、ビジネスマナーを守りましょう。

コートは落ち着いた印象のコート

コートは、カラフルなものではなく、シンプルで落ち着いた印象のものが好ましいです。女性はトレンチ、男性はステンカラーコートがおすすめです。就活にも使えるので、一つは用意しておくと安心です。 仕事中はコートを脱いで作業をするので、コートは自由で良いと考える人も多いのですが、トップのコートも、仕事用として考えて着用することが大切です。私服許可の企業でも、指摘されることがありますので、注意して選びましょう。

ニットは着用OK

ニットはカジュアルな素材ですが、冬場の寒さ対策に取り入れやすいため、許可している企業は多いです。重ね着として、ブラウスやシャツの上に着るスタイルは、落ち着いた印象を与えます。色はジャケットカラーなどに合わせると良いでしょう。カーディガンの場合は、ボタンを閉めて着用するほうが無難です。 カーディガンでも、基本的にはシンプルなものを選び、カラーも落ち着いたものを選ぶことがポイントです。普段着としても取り入れやすいですが、仕事用のものは別に考えて選ぶようにしましょう。会社の雰囲気を乱さないことを意識して、ニットも上手に取り入れましょう。

足元が寒い日はパンツスタイル

冬場でも、天気が良いと暖かいのですが、天候が悪いと特に寒いです。女性はスカートでなくてもOKですが、ホットパンツで足を露出させすぎたり、カジュアルすぎないデザインや素材にしましょう。たとえば、デニムはカジュアルになりすぎてしまうので、NGとされています。レギンスにしても素材をデニムでないものにするなど、工夫をしましょう。寒い日でも、対応できる服装をあらかじめ用意しておくと良いでしょう。 寒い日は、足元がカジュアルになりやすいですが、パンツスタイルでもしっかりまとめられます。足元を冷やさないように対策を取り入れ、派手すぎないデザイン、柄、色などを注意して選びましょう。

足元はフォーマルにまとめる

足元は革靴やパンプス、ローファーが無難です。また、カジュアルではないブーツでもOKです。足元がカジュアルになってしまうと、服装もカジュアルになってしまうため、足元はフォーマルにまとめるように心がけましょう。高すぎないヒールで、靴の色も黒や紺、茶色などのシックな色を選んだほうが良いでしょう。 同じパンプスでも、色が違うだけでカジュアルに見えてしまいます。カジュアルを取り入れたオフィスファッションでも、あまりにカジュアルすぎてしまうと、会社の雰囲気に締まりが出ません。これでは緊張感がなく、仕事にも集中しづらくなるため、選ぶ靴は重要です。

手袋やマフラーは着用OK

寒さ対策として、手袋やマフラーの着用はOKとしています。多少は色がついたものでも、会場前で外すので、深くこだわらなくても大丈夫でしょう。あまりにも目立つ色でなければ、基本的に何でも良いとされています。寒さ対策として、好みのものを着用しましょう。 しかし、小物におしゃれを取り入れたいと考えて、度が過ぎてしまうこともありますが、できればこちらもシックで落ち着いた色のほうが無難とされています。服装で指摘されたくない人は、落ち着いた色のものを選ぶようにしましょう。 画像

「冬場」の服装の落とし穴

寒さ対策は必要ですが、意外と気がつかない、注意したいポイントがあります。マナーを守るために必要なことなので、詳しく見ていきましょう。

肌が透けないように肌着を着る

寒さ対策として、保温肌着がオススメです。コートで隠れている部分なので、つい気を抜いてしまいがちですが、白やベージュの肌着を着用し、ブラウスから透けないようにすることが大切です。保温性のある肌着や、ヒートテックなどの肌着を着用するだけで、薄着でも体は温められます。 肌が透けないように着ることも大切ですが、目立つ肌着だと逆に肌着が透けて見える場合があります。肌着のカラーは目立たない色にして、しっかりと寒さ対策を行いましょう。

スカートは膝丈で台形デザインが無難

スカートは、基本的に膝丈で台形デザインが無難です。短いスカートや、タイトすぎたり広がりすぎたりするデザインは避けましょう。リボンや柄のないシンプルなものの方が、仕事服として取り入れやすいため、スカートを選ぶ際は、このようなポイントに注意して選ぶと良いでしょう。 明るすぎないカラーを選ぶことはもちろんのこと、トップの色とも合わせやすい、落ち着いたカラーでまとめられるようにしましょう。広がりのあるスカートは、仕事服として違和感があります。台形デザインは仕事服としてスッキリとまとめられるため、着用しやすいです。

寒くても黒タイツはNG

黒タイツや黒ストッキングは、喪服のイメージがあるため、避けることが無難とされています。学生のときは、黒タイツを着用することもありますが、社会人になったら控えましょう。ストッキングやタイツは、ベージュカラーがおすすめです。ベージュカラーのストッキングは、何にでも合わせやすく、仕事服以外のプライベートでも使用率が高いため、複数用意しておきましょう。 社会人になると、黒ではなくベージュのタイツやストッキングを用意して、ファッションを選びます。黒タイツを着用する場合は、寒さ対策としてパンツの下に着用する活用の仕方もあります。スカートの場合は、ベージュのものを選びましょう。

重ね着できない分違う部分で防寒する

重ね着してしまうと、カジュアルになってしまうため、重ね着できない場合も。そのような場合、ホッカイロや温感スプレーなどで暖かくする工夫が必要です。マスクをひとつつけるだけで、暖かくもなります。

脱いだときにきれいに畳むことを忘れない

防寒具などは、脱いだときにきれいに畳むことを心がけましょう。またタイミングも重要です。室内に入る前にコートは脱ぎ、裏返して畳み、腕に持つことがマナーです。細かいポイントですが、乱雑に片付けていては印象ダウンにつながります。インターンだけでなく、大人のマナーとして身につけたいところです。 普段からきれいに畳む習慣を身につけておくと、このようなときでも、特に意識することなく自然に対応できます。畳み方一つでも、性格などの内面性が見えるため、スピーディかつきれいにで畳み、明るくスッキリとした印象を与えられるようにしましょう。 画像

ポイントを押さえて寒さに負けずインターンに臨む

インターンの服装は自由と言っても、仕事に向いているファッションを意識する必要があります。冬は寒さ対策として、中に着込みたいところですが、カジュアルになりがちなので、社風を乱さないようなカラーやデザインのものを選ぶことが大切です。ポイントを押さえて寒さ対策を取り入れ、万全な状態でインターンに臨みましょう。

季節や天候によって服装も変わりますが、変わる楽しさも味わえるので、オフィスカジュアルのマナーを守りながら寒さ対策をしましょう。

社会を知る方法はインターンだけじゃない

インターンシップに参加することで、その会社を深く知ることが出来ます。 ですが、インターンシップに参加できる社数は限られているはず。1人あたり平均して3~5社程度受けられるはずですが、スケジュールの関係でそれ以上は難しいことも。 では、それ以外の会社や業界のことを知るにはどうしたら良いのでしょうか?

答えは、OB/OG訪問にあります。ビズリーチ・キャンパスには多様な業界、会社に所属する先輩社会人が登録しています。あなたのキャリア選択にきっと力になってくれるはず。

学生ならではの特権を使って、今しか聞けない話を聞きに行ってみませんか?

納得度の高いファーストキャリア形成をビズリーチ・キャンパスは様々な形で応援をしています。
【OB/OG訪問の時期到来!】
実際に先輩へ就活の相談をしたいと思った方は、下記リンクからぜひお気軽に内定者訪問をご依頼ください。私たちキャンパスに登録した内定者が皆さんの就活をサポートさせていただきます。

【ビズリーチ・キャンパス】内定者メンターによる21卒向けキャリア相談受付中!

https://br-campus.jp/companies/277/obs