BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
企業研究

新卒一括採用だけじゃない! 通年採用を取り入れている企業一覧

新卒一括採用だけが、新卒学生の就職ルートではありません。 1年を通して採用を行う通年採用を取り入れる企業も増えています。今回は、通年採用を実施する企業を一覧でご紹介します!

こんにちは。ビズリーチキャンパス編集部です。
19卒の皆さんもインターンシップへの参加や本選考準備など、いよいよ就職活動し始める頃ではないでしょうか。
ところで皆さん、新卒の採用形態は、6月に解禁する一括採用だけではないことをご存知ですか?
確かに今の新卒の採用方法は一括採用がメインですが、1年を通して採用を実施する 通年採用 を取り入れ始めている企業もあります。

そこで今回は、通年採用について、概要やメリットを紹介した上で、実際に通年採用を行っている企業を一覧で紹介していきます。

1.通年採用とは

新卒一括採用との違い

日本において一般的な新卒一括採用とは、企業が同時期に集中して採用活動を行うことです。2019年卒の学生の皆さんで言えば、6月から一斉に就活がスタートすることです。採用活動を集中的に実施することで、コスト軽減が図れる上に、沢山の学生から優秀な学生を選んで採用できるので企業にとってはメリットが大きいです。しかし、学生側は同時に多数の会社を併願するため内定辞退率も高く、予定していた採用人数より少なくなってしまうことや、留学している学生に不利であるなどの問題があります。
通年採用は、1年を通していつでも必要に応じて社員を採用する仕組みです。通年で募集ができることで、既卒者やグローバルな人材など多様な人材を確保できることができます。また、採用にかける時間的な余裕が持てることで、選考にもゆとりが生まれ、しっかりと受験者を見極めることができ、入社後のミスマッチを回避することができます。新卒はもちろん既卒の方も応募することが可能です。また、何度でも挑戦できたり、年齢にかかわらず1年生でもエントリーができるなんて企業もあります。

通年採用が始まった背景

1990年代半ばにイトーヨーカドー、ソニー、花王などが秋採用を始めたのを皮切りに、秋冬も採用を行う、通年採用を取り入れる企業が増えています。
背景としては、帰国子女や海外留学する学生が増加したこと、海外からの留学生受け入れのために、大学が秋入学制度を運用し始めたことで、秋卒業となる学生が増えたことなどが挙げられます。その対応策として、新卒通年採用が注目され始めました。
現在では通常の採用期間で期待していた人材が集まらなかった場合や、内定辞退者が出たときの補完といった目的としても、通年採用が取り入れられるようになってきています。

2.通年採用のメリット

新卒通年採用を採用するメリットは以下の通りです。

学生側:
・通年なので、留学などに行っていても自分のタイミングでエントリーできる
・就職の方法に多様性が生まれる
・入念に準備できる
・就活に左右されること無く学業に専念できる

企業側:
・内定辞退者が出た場合、補完できる
・必要な人材を必要な時期に採用できる
・多様な人材を得られる
・慎重に人選し、ミスマッチを防げる

画像

3.通年採用を実施する企業一覧

今回は、通年採用を実施する企業の中から人気のある大手企業やベンチャー企業の通年採用情報を集めてみました。

【情報掲載企業】
株式会社ファーストリテイリング / 楽天株式会社 / ソフトバンク株式会社 / ヤフー株式会社 / 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA) / 株式会社リクルートライフスタイル / ネスレ日本株式会社 / アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社 (ADLジャパン) / 株式会社コロプラ / サイボウズ株式会社 / 株式会社メルカリ / 株式会社メタップス / 株式会社スクー

株式会社ファーストリテイリング

グローバルリーダー社員 通年採用
概要・特徴:
どの学年挑戦可能。不合格になっても次の年に再チャレンジすることができる。
選考フローのインターンシップに参加の上、選考を通過した方には「ユニクロパスポート」を発行。発行から3年以内はこのパスポートを提示すれば、いつでも最終面接を受けられる。

楽天株式会社

エンジニア採用(開発部)
概要・特長:
応募段階から希望の職種(ソフトウェアエンジニアなど)と希望のサービスを選び、それに沿って選考を進める。入社前にどの部署でどのような専門性を持った仕事を担当してもらうかを確定。給与も個人の能力や経験により決まるため、これまでの経験は全て即戦力として正当に評価されるチャンスになる。
選考時期・入社時期についても特定の時期に限定することをせず、いつでも選考に参加し、選考後も個人の都合に合わせた入社時期を選ぶことができる。

ソフトバンク株式会社

ユニバーサル採用
概要・特長:
募集対象は新卒・既卒は問わず、一度就職をした方でも、再挑戦することが可能。ソフトバンクではNo.1採用や就労体験型のインターンシップなど、多岐にわたる選考プログラム を設けており、最適な自己アピール方法で選考に臨める。
新卒採用は30歳未満、4月7月10月入社のみ。

ヤフー株式会社

ポテンシャル採用
概要・特長:
応募時30歳以下かつ入社時18歳以上であれば全ての人が対象となる。
エンジニアコース・デザイナーコース・ビジネスコース。

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)

NEW GRADUATES RECRUITMENT
概要・特長:
学歴不問。4月または10月入社。
エンジニア職・ビジネス職・デザイナー職・デザイナー職(ゲーム)・ゲームプランナー職。

株式会社リクルートライフスタイル

入社パスポート
概要・特長:
採用については、大学3年生の3月から27歳まで365日エントリー受付、2種類の「2 Year パスポート」を交付。「2 Year パスポート」には、「入社パスポート」と「最終面接パスポート」の2種類があり、2次面接通過者には、2年以内であれば最終面接から選考をスタートできる「最終面接パスポート」を、内々定受諾者には、卒業後2年以内であれば入社時期を選べる「入社パスポート」が渡される。
また、キャリア観醸成の機会として、通年実施の社員座談会、実務型長期インターンシップを、実施する。

ネスレ日本株式会社

ネスレパス
概要・特長:
ネスレパスコースは全職種が対象となり、年齢・学籍・国籍など採用対象を限定せずオープンにエントリーできる。1年生からエントリーが可能。従来のエントリーシートやWEBテスト以外の方法でチャレンジできる。(例: 課題提出、ケーススタディ、動画エントリーなど)
その後マッチングセッション(面談やグループディスカッション)を行い、通過した方にはネスレパスが付与される。ネスレパスを付与された人は任意のタイミングで社員参加型研修「ネスレ チャレンジプログラム」に参加し、ネスレ社員とともに計2日間で様々な課題に取り組む。なお、ネスレパスを取得されるまでは、何度でもエントリー可能。

株式会社コロプラ

新卒・中途通年採用
概要・特長:
新卒は20歳から既卒は30歳まで、募集職種がある限り、通年エントリー可能。最終面接以外は世界中から参加可能。ほかにもプッシュ型採用など様々な採用の形を提供している。

サイボウズ株式会社

2018年度入社予定者採用
概要・特長:
2018年3月までに卒業見込みの専門学校、短大、大学、大学院生、2017年7月までに卒業見込みの海外大学の学生、大学院生で、既卒業者、既修了者で職歴のない方。全学部・全学科を対象とする。

株式会社メルカリ

通年採用
概要・特長:
株式会社メルカリは新卒/既卒を問わず、年間を通じて多職種の人材を積極的に募集、採用。エンジニアであればソースコード(GitHub等)、デザイナーであればポートフォリオや手がけたプロダクトを提示すれば、履歴書・職務経歴書なしに選考可能(書類選考時)。

株式会社メタップス

通年採用
概要・特長:
応募には特定の期間を定めず、随時受け付け。受付順に順次書類選考・1次面接を実施。地方や海外からの応募にも対応。

株式会社スクー

ポテンシャル採用
概要・特長:
学歴不問・経験不問。入社時の年齢が18歳以上の方から、応募時の年齢が25歳以下の方

アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社 (ADLジャパン)

新卒通年採用
概要・特長:
学歴不問・経験不問。入社時の年齢が18歳以上の方から、応募時の年齢が25歳以下の方

一次情報を得て、自分の未来を見つけに行こう

採用ホームページやニュースなどのメディアを読んで、業界・企業研究に励むことはとても大事なことです。 しかし、それらの多くは二次情報に過ぎません。何かしらのバイアスがかかっており、正しい情報であるかどうかは自身で選択していかなければなりません。

情報収集で重要なことは、「どれだけ新鮮な一次情報」を得られるか、ということ。 そしてその一次情報を得る手段としては、「とにかく人と出会う」ことが重要になります。

ビズリーチ・キャンパスでは、様々な社会人と出会える機会をご用意しています。 学生ならではの特権を使って、今しか聞けない話を聞きに行ってみませんか?