BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
選考対策

OB訪問のリマインドメールの書き方|その必要性やタイミングなど

OB訪問をおこなう前には、リマインドメールを送ることが大切です。リマインドメールを送ることで、スムーズにOB訪問をおこなうことができ、不測の事態も回避できます。正しいメールの書き方を知って、上手にリマインドメールを送りましょう。

OB訪問の際に必要なリマインドメール

OB訪問をおこなう際には、事前にメールでアポを取りますが、さらに直前でリマインドメールを送ることが大切です。リマインドメールの有無によって印象は変わりますし、送ることでトラブルの回避にも繋がります。リマインドメールの重要性を理解して、スムーズにOB訪問をおこないましょう。

画像

リマインドメールとは

リマインドとは、思い起こさせる、気づかせるなどの意味があり、リマインドメールは再確認するメールのことを指します。リマインドメールを送ることで、日時を確認することができ、お互いの認識のずれをなくすことができます。 これはOB訪問に限ったことではなく、就活の他のシーンで使われることもありますし、社会人になってから送ることも多いです。リマインドメールは、ビジネスの世界でも頻繁に使われるものなので、就活のうちから正しい作成方法、送り方を知っておきましょう。

画像

リマインドメールの必要性

リマインドメールは実は必須のものではなく、送らなくてもOB訪問をおこなうこと自体は可能です。OB訪問の日時や内容については、事前に決めていますし、指定された時間で集合場所に行けば、基本的には問題はありません。 しかし、リマインドメールは必須ではないものの、大切なものであるのは確かですし、OB訪問をスムーズに進めるためには必要なものです。なぜOB訪問時にリマインドメールを送るべきなのか、その必要性の高さを理解しておきましょう。

OB訪問の日時の再確認

OB訪問でリマインドメールを送るのは、日時の再確認ためです。日時については事前に決めているものの、社会人は忙しいことも多く、OB訪問のことを忘れてしまっている可能性もあります。予定を忘れられたままだと、いざ当日出向いてもOB訪問が実現できない可能性が高く、無駄足を踏んでしまいます。 OB訪問はあくまで先輩社員が好意でおこなってくれるものですし、お互いに嫌な気持ちをしないためにも、きちんと確認しておくことが大切です。一度決めた約束は絶対ではありませんので、日時を忘れていないか、本当に実施できるかの確認の意味でも、リマインドメールを送る必要があります。

質問事項を先に伝える

リマインドメールは、単に日時の確認をするだけではなく、OB訪問でする質問も記載して送るのが一般的です。OB訪問では質問タイムが設けられており、これがメインと言っても過言ではありません。質問タイムでどれだけ有益な情報を得られるかが重要ですので、きちんと答えてもらうためにも、予定している質問は事前に送っておきます。 質問内容を把握していれば、先輩のほうでも明確な答えを用意できますし、貴重な時間を有益に過ごすことができます。

画像

リマインドメールを送る時期

リマインドメールは、ただ送ればよいわけではなく、いつ送るのかも大切です。送り時期を間違えてしまうと、リマインドの効果が薄くなってしまい、場合によっては無意味になる可能性もあります。適切なタイミングでリマインドメールを送ることが、OB訪問のスムーズな実現に役立ちます。

OB訪問の前日に送る

リマインドメールは、OB訪問の前日に送るのが基本です。前日に送れば、不測の事態のときに日時や時間の変更ができますし、お互いにリスケがしやすくなります。急遽都合がつかない場合でも、リマインドの時点で確認できていれば、日時をずらすことができますし、無駄足を踏む心配がありません。 また、前日に送るのがポイントであり、あまりに早い段階で送ると、そもそもメールがあったことを忘れてしまう可能性もあります。早すぎるのもNGですし、当日に送るのもぎりぎり過ぎますので、余裕を持って前日に送りましょう。

メールの送信の時間帯は朝がベスト

メールはいつ送信しても構いませんが、基本的には前日の午前中に送るのがおすすめです。メールのチェックは朝一におこなうことが多いですし、午前中に送ることで、リマインドメールが見落とされる可能性も減ります。 また、朝一に出すのが難しい場合は、さらに前日の夜に送るのもよいでしょう。夜に送ったとしても、企業に迷惑はかかりませんし、どちらにしてもメールを見るのは朝です。前々日の夜、あるいは前日の夜にリマインドメールを送り、確実に読んでもらえるようにしましょう。

画像

リマインドメールの注意すべき点

OB訪問をスムーズにおこなうためには、リマインドメールが必要ですが、メール作成時にはいくつか注意点があります。メールにはさまざまなマナーがありますし、基本を理解した上で送ることが大切です。注意点を理解して、失礼のないようリマインドメールを送りましょう。

内容は丁寧かつ簡潔に

リマインドメールは、丁寧かつ簡潔に送ることが大切であり、長々と記すのはやめましょう。翌日にOB訪問が控えていること、当日予定している質問内容が何かなどを簡潔に記し、参加への意気込みを述べる程度でOKです。 受け取る側が、催促されているという印象を受けないことが大切ですので、日時の確認ばかりにならないよう注意しましょう。

メールの件名にリマインドと書かない

就活中のメールは件名にもこだわることが大切であり、件名なしで送信するのはNGです。件名は本文の内容を簡潔に述べることが大切ですが、リマインドなど確認メールをという印象を与える件名は避けましょう。リマインド、確認などの言葉を入れると、催促しているイメージがついてしまうため、別の言葉で言い換えることが大切です。

画像

リマインドメールの書き方

リマインドメールの件名は、明日のOB訪問につきまして+大学名、名前など、分かりやすく具体的につけることを心がけましょう。本文の冒頭の宛名には、会社名と役職名、名前を記入します。簡単なあいさつ、自己紹介をして、本文にはOB訪問の受け入れの感謝の気持ち、日時の確認、OB訪問時の質問事項などを記しましょう。最後に署名を忘れずにつければ、リマインドメールは完成です。

画像

OB訪問を有意義なものにするために忘れずにリマインドメールを送ろう

社会人は忙しいことも多く、スケジュールを正確に把握できないことも多いです。仕事で手一杯になっていると、OB訪問のことを忘れてしまう可能性もあるため、前日にはリマインドメールを送ることが大切です。参加前にしっかり確認をして、スムーズにOB訪問をおこないましょう。

OB訪問を始めるなら、ビズリーチ・キャンパスで

ビズリーチ・キャンパスには多様な業界、会社に所属する先輩社会人が登録しています。

それぞれの先輩社会人が様々なバックグランドを持ち、自身のストーリーを歩んでいます。もしかしたら、あなたのバックグラウンドを理解し、あなたのキャリア形成に寄り添ってくれる先輩がいるかもしれません。 「何を聞いて良いか分からない」 「先輩のお時間を頂くのは申し訳ない」 そんな悩みを持っているのであれば、まずは行動をしてみましょう。思っているより社会人は皆さん学生の味方です。

OB訪問をすることで、新たな気付きが得られるかもしれません。 ビズリーチ・キャンパスの世界で新しい自分を見つけませんか?