BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
選考対策

インターンで学んだことは?インターンの感想文の書き方【例文あり】

インターンシップが終わったら企業に感想文を出しましょう。感想文の書き方が分からないという学生のために、インターンで学べることや感想文の書き方を解説します。インターンの感想文の例文もあるので、参考にして感想文を作成してみましょう。

インターンで学べること

就職活動をしていく上で必ずと言っていいほどキーワードとしてよく耳にするのが「インターン」という言葉ですよね。漠然とインターンには参加しておけば就活には有利になるというようなイメージを抱いている人も多いのではないかと思いますが、インターンで何を学んだのか、インターンに参加することで自分にとってどのようにプラスに働くのかを感想文として企業に伝えることによって本選考に向けてのアピールにつながります。この記事ではインターン参加後の感想文の書き方についてご紹介していきます。

コミュニケーションスキルが身につく
仕事をするうえでコミュニケーションは必ず必要なものです。インターンを経験することで、学生同士の付き合いではなく、社会人としてのコミュニケーションスキルを学ぶことができます。
インターンに参加した際には、受け身ではなく積極的に先輩社員などから話を聞くとよいでしょう。また担当してくれる先輩社員が、社内の人や社外の人それぞれに、どのような接し方をしているのかよく観察してみましょう。

ロジカルシンキングについて学べる
ロジカルシンキング(論理的思考力)とは、問題を整理して解決を導きだすための思考力のことです。ベテランの先輩社員は、問題が起きたときに原因をみつけだし、素早い解決方法をとることが得意。彼らはロジカルシンキングができれば、仕事が効率よく進むことを知っています。
インターンシップの内容に、グループワークやプロジェクトなどがある場合には、経験を通してそれらのことを学んで欲しいと企業が考えていることがあります。しっかり取り組み、ロジカルシンキングを手に入れてください。

仕事に対する達成感や責任感を体験できる
学生時代には仕事に夢をみがちです。しかし憧れるような仕事をしている人たちも、最初からそのような仕事をしていたわけではなく、下積みといわれることからスタートしたはず。就職すれば、やりたくない仕事・苦手な仕事も責任を持ってやらなければなりません。
インターンシップでは、憧れの仕事内容に加え、地味なオフィスワークなども目にすることになるでしょう。しかしどんなに些細な仕事でも、任された仕事を完了したときには達成感や責任の重さを感じることができると学べます。

自分が希望する企業の現場を知ることができる
会社説明会の資料などだけでその企業のことを理解できたと思ったら、それはただの勘違いです。実際の現場に立ってみることで、仕事のハードさや現場の雰囲気を実感することができます。
企業の雰囲気というのは、本当に企業によって全く異なります。仕事はハードだけど、社員たちが前向きに目標を持って働いている会社もあれば、暗くピリピリした社員が多い会社もあるでしょう。そのような会社説明会などでは知り得ない情報を得られます。 画像

インターンの感想文

インターンは参加して終わりではありません。そこで学んだことをそのままにしておくのではなく、何を学んだのか、そこから次に生かせることはなんのかを書き留めるなどしてしっかりと次の就職活動のフェーズにつなげていきましょう。就活ノートを作っている人などはそこにまとめておくことをおすすめします。またそこで終わりにするのではなく、インターン終了後あまり間を空けずにインターンの感想文を御礼メールに添えて送ることができれば企業からの印象もさらによくなります。

インターンに参加した理由

インターンに参加した理由がなんだったのか、どのような軸でその企業のインターンに参加することを決めたのかを感想文に取り入れれば、自分がどのような思いをもってインターンに取り組んでいたのかをより印象強く企業に伝えることができます。インターンの選考面接でも必ず聞かれる項目でもありますので、面接時にどのような聞かれ方をしたのか、それに対して自分がどのように答えたのか、その答えへの反省点や改善点があれば書き残しておくとさらによいでしょう。

インターンで学んだこと

インターンに実際に参加した後には企業が学生のために用意してくれたプログラムを通して何を学ぶことができたのかを軸に感想文を書きましょう。漠然とした内容を書くよりは、具体的にどのコンテンツからどのようなことを学ぶことができたのか、より細かいエピソードなどを盛り込んで書けるとよりよい感想文となるでしょう。

今後の目標や意気込み

インターンで何を学べたのかを整理した後は、それをもとに今後の目標や意気込みにどのようにつなげていきたいので感想文を締めくくりましょう。具体的にこの体験をこの活動に活かしたいなど、就職活動の枠を超えた内容を書くことができれば企業の側にもより説得的に映るでしょう。 画像

インターン種類別の感想文の例文

それではここからは実際にインターンのタイプ別にどのような感想文を送ることができるのか例文を見ながら確認していきましょう。

例文1.会社説明型

先日はお忙しい仲、貴社のインターンに参加させていただき誠にありがとうございました。元々私自身が最も関心を寄せていた業界の中でも貴社のインターンへの参加は念願であり、貴重な機会をいただけて感謝申し上げます。
インターンの参加前から貴社については資料等を拝見させていただいておりましたが、実際にインターンに参加してみて社員の方々への仕事への取り組み方や最近の事業などここでしか得られない貴重な情報を得ることができさらに貴社への志望度が上がりました。 今回のインターンシップで学んだことを生かし、今後も〇〇業界、また貴社への理解を深めていきたいと存じます。 この度は誠にありがとうございました。


会社説明型のインターンでは企業の概要説明等が中心であることが多いため、用意されていたコンテンツの中で新たな発見等があればどの内容が最も自分の為になったのかなどを中心に話を広げていくのがよいでしょう。

例文2.プロジェクト型

先日は、貴社のインターンに参加させていただき誠にありがとうございました。このプログラムを通じて〇〇についての課題解決に取り組むことができたのは私にとって非常に貴重な機会となりました。 特にグループディスカッションでは周囲の学生のレベルの高さに驚かされ、合意形成を行う上で難しい場面もありましたが担当の方々のおかげで普段現場の社員の方々がどのような姿勢で仕事に取り組まれているのか、またこの業界の仕事が実際にどのように回っているのかということを知ることができ大変勉強になりました。
今回の経験を生かして、今後も〇〇業界で働く上で必要となるスキルや考え方についてさらに知見を深めて学んでいこうと思います。 この度は誠にありがとうございました。


グループディスカッションなどを通じ企業から与えられた課題の解決に取り組むプロジェクト型では、社員とのかかわり方やほかの学生との交流から何を得たのかということを中心に感想文を展開してみるとよいでしょう。

例文3.就業型

今回のインターンへは、元々関心を寄せていた〇〇業界で働くということはどのようなことなのかより具体的に知りたいという思いで参加させていただきました。〇日間のプログラムを通じ、実際に就業体験を行えたことでより働き方や事業内容に対するイメージを具体化させることができました。まずはこのような貴重な機会をいただけましたこと、御礼申し上げます。
〇〇の事業に関しては事前に資料等を拝見して勉強もしておりましたが、実際に現場での仕事を体験し担当社員の方々のお話を伺うことによって予想よりもさらに難しい仕事も多く非常に感銘を受けました。社員の方々の指導の下で体験させていただいた○○では、より貴社のこの事業への挑戦的な姿勢を感じ取ることができました。
今後も就職活動を続けていくにあたって、今回のインターンシップを通じて得た経験を活かし、より〇〇業界への知見を深めるとともに必要なスキルや資格の取得に邁進してく所存です。 この度は誠にありがとうございました。


実際に部署配属が行われる就業型のインターンにおいては、担当に付いてくれた社員から何を教わったのか、また現場見学などがあればそこで見聞きしてきた情報をもとに感想文をまとめるのがよいでしょう。 画像

インターンの感想文で企業に好印象を与えよう

いかがでしたか。インターンは感想文を企業に送ることによって自分が何を得ることができたのかを企業に伝えることができれば自分のアピールにも大きく貢献します。インターンにも様々なタイプがありますので、それぞれに合わせた文をまとめることによって企業に好印象を与えてみませんか。

社会を知る方法はインターンだけじゃない

インターンシップに参加することで、その会社を深く知ることが出来ます。 ですが、インターンシップに参加できる社数は限られているはず。1人あたり平均して3~5社程度受けられるはずですが、スケジュールの関係でそれ以上は難しいことも。 では、それ以外の会社や業界のことを知るにはどうしたら良いのでしょうか? 答えは、OB/OG訪問にあります。ビズリーチ・キャンパスには多様な業界、会社に所属する先輩社会人が登録しています。あなたのキャリア選択にきっと力になってくれるはず。 学生ならではの特権を使って、今しか聞けない話を聞きに行ってみませんか?