BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
お知らせ

【21卒22卒向け】ビズリーチ・キャンパス診断結果の活かし方

皆さんの自己理解が進むよう、「ビズリーチ・キャンパス診断」という自己理解が進む診断を開発しております。自己の根底にある性格を客観的に可視化することができる「性格診断」、ご自身のポテンシャルや能力を把握することができる「社会人基礎力診断」この2つの診断結果の活用方法をご紹介いたします。

本記事では、2020年初めよりリリースしている「ビズリーチ・キャンパス」についてご紹介をさせていただきます。 就職活動が終わりに差しかかろうとも、これからキャリア選択を始めようとされる方にもぜひ受けていただきたい診断ツールとなります。 ぜひ、この記事を参考にして受検してみてください。

早速回答するならこちら

https://br-campus.jp/assessments

目次

シーズンまっただ中の2021年卒業予定の方はこちら
サマーインターンを控える2022年卒業予定の方はこちら

21卒の皆さん向けの活用方法

21卒の皆さんは、5月も終盤に差し掛かり、すでにキャリア選択の方向性が具体的に決まっている方もいらっしゃれば、いよいよ選考の本番にさしかかっている時期になりますね。 性格診断もオススメですが、このシーズンに、より21卒の皆さんにオススメなのが「社会人基礎力診断」です。

社会人基礎力診断とは?

経済産業省が「人生100年時代」において活躍する人材を、12の項目で表したものが「社会人基礎力」です。 社会において、必要な能力を「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の2つに大分類し、それぞれのカテゴリに小項目が連なっています。

▼前に踏み出す力(アクション)
・主体性:物事に進んで取り組む力
・働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
・実行力:目的を設定し確実に行動する力

▼考え抜く力(シンキング)
・課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
・計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
・創造力:新しい価値を生み出す力

▼チームで働く力(チームワーク)
・発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
・傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
・柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
・情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
・規律性:社会のルールや人との約束を守る力
・ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

これらの項目は、社会で活躍するために必要な能力とされており、高ければ高いにこしたことはありません。

診断結果をどのように活用するの?

画像

上記は、社会人基礎力診断結果のイメージ図です。 これまでに回答いただいているデータをもとに、各項目ごとの偏差値を抽出しグラフ化したものが上記となります。

キャリア選択は志望企業に内定を獲得したらゴールではありません。 自身の社会人基礎力を知り、「どの項目が相対的に高い水準なのか」「どの項目が低く、改善すべきなのか」を自身で理解しておくことは、社会人としてスタートダッシュを切る上でとても必要な要素です。

また、改善点をより高い水準に上げていくために、診断結果には意識すべき行動を示唆させていただいております。ぜひアドバイスを参考に、ご自身の成長をどのように高めていけるかを考えてみてください。

社会人基礎力は30日に1度受検することができ、過去のデータと見比べることが可能です。活動を通してどのように自身が成長できているかを可視化するチャンスでもあるので、ぜひ受検してみてください。

社会人基礎力診断の回答はこちらから

https://br-campus.jp/assessments/abilities

※所要回答時間:10~15分 ※回答データは個人に紐づかれる状態で、企業など第三者に公開されることはございません。

性格診断の回答はこちらから

性格診断未受検のかたは、ぜひこちらも受検ください。
https://br-campus.jp/assessments/personalities

※所要回答時間:15~20分 ※回答データは個人に紐づかれる状態で、企業など第三者に公開されることはございません。

22卒の皆さん向けの活用方法

こちらからは、これからサマーインターンの選考などを控える22卒の皆さん向けの活用方法をお伝えいたします。 新型コロナウイルスの影響もあり、インターンなどオフラインの機会減少などが予測されておりますが、万が一、機会が減少した時のためにも選考や、参加するインターンそのものの価値を上げるためにも、ビズリーチ・キャンパス診断を受けて自己を客観視し、自己理解を進めることは非常に重要となります。

「自分がどんな性格の持ち主で」 「どんな価値観を持っており」 「どんな状態を目指したいのか」

この言語化を進めることで、あなたがインターンやOB/OG訪問など社会との接点で得られる内容は大きく変わってきます。 サマーインターンの選考に向けて様々な準備をされているとは思いますが、まずは自己理解が大切です。

自分が「その企業の価値観に向いているのか?」「やりがいを持って社会で生きるためにはどのような環境が適切なのか?」を知るためにもぜひ自己理解を進めることを、業界や企業の選択肢を広げるとともに進めてください。 そのお手伝いとなり得るのが、ビズリーチ・キャンパス診断の「性格診断」と「社会人基礎力診断」。 特に性格診断は、あなたの根底にある性格を13の項目に分けて診断します。

性格診断とは?

画像 上記は、性格診断結果のイメージ図です。 13の項目をグラフにて可視化しています。 過去にご回答いただいた方のデータをもとにロジックを継続的にチューニングしております。

性格診断のため、スコアが高く出たから良い、低く出たから悪いというわけでは決してありません。 それぞれの項目の結果を「強み」と捉えるか「弱み」と捉えるかはあなた次第なところでもあります。

もし、ご自身では結果についての判断・解釈が進まないようであれば、ビズリーチ・キャンパス公認のメンターに話を聞いてみても良いかもしれません。
内定者メンターはこちらから:https://br-campus.jp/companies/277
社会人メンターはこちらから:https://br-campus.jp/companies/323
現在、合わせて約30名ほどの内定者や社会人がメンターとして登録しているので、ぜひざっくばらんに話をしてみてください。

性格診断の回答はこちらから

https://br-campus.jp/assessments/personalities

※所要回答時間:15~20分
※回答データは個人に紐づかれる状態で、企業など第三者に公開されることはございません。

社会人基礎力診断の回答はこちらから

https://br-campus.jp/assessments/abilities
社会人基礎力診断未受検のかたは、ぜひこちらも受検ください。

※所要回答時間:10~15分
※回答データは個人に紐づかれる状態で、企業など第三者に公開されることはございません。

ビズリーチ・キャンパス診断を通じて、皆さんの自己理解が進むことを願っております。