BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
インターン

1Day Business Challenge「1000万人が熱中するアプリビジネスの創り方」

開催日程

  • 1125(土)

    定員20

    10:00 - 19:00

    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 22F KLab株式会社 本社オフィス

    終了

対象卒年

2019年

イベント概要

今回は世界中4000万ダウンロード数を誇る大人気コンテンツを生み出した当社プランナーから「ヒットコンテンツの生み出し方」について学べるイベントをご用意しました!


スマートフォンの普及を始めとしたデバイスの多様化により、私たちの取り巻く環境は日々変化をしています。

ECをはじめ、インターネットを媒介とした様々なサービスがスマートフォンにシフトをし、更にアプリの使用率はこの数年で飛躍的に進化をしています。
インターネットビジネスを展開するうえで、webブラウザの時代は少しずつ収束を始める一方、モバイルアプリケーション市場は成長を続けています。
モバイルオンラインゲームだけでも2020年以降10兆円(※)を超える見通しです。

当社ではこれまで日本が誇るアニメやマンガといったコンテンツを使用したモバイルオンラインゲームを中心に、世界中の人に愛されるモバイルオンラインゲームをいくつも手掛けてきました。

果たしてどのような考えのもと、ヒットするコンテンツが生み出されていくのか、
プランナーからの講義とワークを通じて学んでいただけます。

(※ ストア課金とアプリ内広告の市場規模が2020年に1890億ドル突破:マネタイズ調査レポート Appannie Inc. より)

◆こんな方におススメ
・IT業界で社会にインパクトを与えるような仕事をしたい方
・若いうちから事業責任を担う大きな裁量権をもって仕事をしたい方
・インターネットの時流を知り、価値あるものを創造したい方

◆このイベントで学べること
・アプリをもとにした"商品企画"について
・インターネットだけではなく、あらゆるビジネスに通じる"ユーザーマインド"について
・数千万にヒットするために必要な"企画の立て方"について


<イベント詳細>
◆開催日時
11/25(土) 10:00~19:00

◆開催場所
KLab株式会社東京本社
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

◆イベント詳細
・講義 ①:アプリケーションビジネスとゲーム市場のグローバルトレンド
・ワーク①:アプリケーション市場トレンドを分析せよ!

(お昼休憩※昼食支給)

 講義 ②:ハマる!を仕掛けるゲーム企画の基礎
・ワーク②:中核となるアイデアを形にしよう!
・ワーク③:アイデアのブラッシュアップービジネス性とエンタメ性の両立に向けてー

・成果発表会と振り返り

・懇親会:お酒や軽食をまじえながら、フランクに現役社員と交流を深めて頂きます。

※本イベントを通して優秀だった方には特別選考権の付与をさせていただきます。

◆お申し込み方法
右記、「申込む」ボタンをクリック頂き、詳細をお待ちください。
※定員に達した場合、ビズリーチ・キャンパスのプロフィールを参考に選抜をさせて頂きます。
皆さまのご応募心よりお待ちしております。

企業情報

KLab株式会社
  • 設立年月
    2000年08月
  • 従業員数
    458名
  • 業種
    エンターテインメント
  • 会社概要
    ------------------------------------------------- モバイルインターネット業界で 挑戦と自己変革をし続けてきたKLab ------------------------------------------------- KLabは2000年の設立から今日に至るまで、常に新しいことに挑戦し、新陳代謝し続けることで発展・成長してきました。設立当時、世界で初めて携帯電話の実機上で動くJavaアプリケーションを発表。以来、SI事業を経てゲーム事業に挑戦し、現在ではそのゲーム事業が主力事業となっています。 これまで培ってきたノウハウと技術力を武器に、今後も時代の先を見据えた挑戦をし続け、決して同じ場所にとどまらない会社でありたいと思っています。 ------------------------------------------------- グローバルな事業基盤の構築 ------------------------------------------------- 主力であるゲーム事業では、既にマルチプラットフォーム、マルチリージョンでサービスを展開し、海外売上高比率は2割程度まで高まっていますが、さらなるマーケットの開拓を目指しています。そのため、新規タイトルの開発はもちろん、海外現地法人と国内本社の連携強化や、日本と東アジアを中心としたモバイルゲーム運用リサーチ・コンサルティング事業を専業とする企業のグループ会社化などを行っています。 また、直近では東京ゲームショウ2017にて今後の事業戦略や開発中タイトルについての発表を行い、業界内外から多数の反響をいただきました(※)。 引き続き国内市場でのシェアの拡大をしつつ、国籍にとらわれない事業基盤を構築することで、将来的に世界最大規模のソーシャルゲームベンダーとしての地位の確立を目指しています。 ※TGS2017 KLabGames特設サイト https://tgs2017.klabgames.com ------------------------------------------------- 社員一人ひとりの自己意思を尊重する風土と それを支える仕組み ------------------------------------------------- KLabでは「成長とは、任せられる裁量の大きさと比例する。早期から責任ある経験を積むことで、秀逸な成功を掴める」という考えから、個々の社員の自己意思を尊重する風土と、挑戦を後押しするための仕組みがあります。 例えば、「ゲーム企画審査会」では、全社員にゲームの企画案を決裁者である経営陣の前でプレゼンテーションし、予算やチームメンバーのアサイン権限を獲得するチャンスがあります。開発予算と失敗リスクが大きいゲーム事業においては、非常に珍しい仕組みではないでしょうか。実際にこの制度を活用して、ゲーム開発に挑戦している新卒社員もいます。 自己意思を行動に移すことができる方であれば、こうした仕組みに限らず日常的な業務においても裁量を勝ち取るチャンスがある環境です。