BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close

アニコム損害保険株式会社

【2020年最新版】犬・猫・うさぎ・鳥・フェレットの飼育費用を大発表! コロナ禍の2020年、どんな変化が?

オリジナル記事

ペットを飼う上で必然となるお金。
ペットに対して、みんなは年間でどのくらいの費用をかけているのでしょうか?
アニコム損保が発表した2020年の一年間にペットにかけた年間支出費用を
調査した内容をもとに、犬・猫の飼育費用を大発表! 

2020年は新型コロナウィルスの影響により、
私たちの生活も外出自粛をしたりと例年とは少し違った一年でした。
ペットにかける支出費用はどのように変わったのでしょうか。
支出費用の推移から見えた、ペットとの向き合い方の変化もご紹介します。

【犬・猫】ペットにかける年間費用2020

アニコム損保の調査によると、犬にかける年間費用は338,561円、
猫では164,835円でした。
各項目の費用が犬の方が猫より高いことと、犬ならではの費用といえる
「しつけ・トレーニング料」「ドッグランなど遊べる施設」があることから、
倍以上差が出ています。
年間費用の図

前年比は犬で110.4%、猫で103.9%とやや増加していました。

おうち時間増加の表れ!? 「ケガや病気の治療費」は犬猫ともに増加

犬猫ともに前年に比べ、「ケガや病気の治療費」が増加していました。
2020年はコロナの影響で外出自粛や在宅勤務など、
家で一緒に過ごす時間が増えたことから、ペットの些細な変化に気づき、
病院に連れていくことが多くなった結果といえるかもしれません。

犬猫ともに増加した項目は「サプリメント」「シャンプー」「予防費」

「ケガや病気の治療費」以外に犬猫ともに増加した項目は、
「サプリメント」「シャンプー」「予防費」で、
いずれもわが子の健康を気にかけているからこその項目でした。
特に、猫の「サプリメント」は前年に比べ、倍以上の結果となっています。

「シャンプー」の増加も、コロナの感染予防対策に関連して、
今まで以上にわが子に対しても清潔にすることを気にかけた結果なのかもしれません。
「治療費」同様、わが子と過ごす時間が増えたからこそ、
費用が増加した項目と言えそうです。

来年の支出見込みは「変わらない」が約半数、続いて「増える」が約3割

今年、2021年の費用は「変わらない見込み」と答えた方が約半数、
続いて多かったのが「増える見込み」で約3割でした。

増えそうと答えた飼い主からは「コロナが落ち着けば一緒に旅行に行きたい」
や「コロナが落ち着けばイベント参加や旅行ができると思われるため」といった声が寄せられていました。
心置きなく、愛犬と一緒に旅行やお出かけできるようになる日が待ち遠しいですね。

どんなときも、ペットを守ることができるように備えを

猫の画像
ペットを飼うと、必ずお金がかかります。
今回ご紹介した費用は平均値ですので、もしご自身のペットが
ケガや病気になればさらに費用がかかってくる可能性もあります。

もちろん、ペットだけでなく、ご自身もいつ何があるかわかりません。
例えば、急遽入院することになれば、ペットをホテルや病院に
預けることになるかもしれません。1日、2日という短期ではなく、
1週間以上の長期に渡るかもしれません。自身の医療費だけでなく、
ペットのホテル代もダブルでかかることになるのです。

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大で、
いつ何が起こるかわからないと多くの人が改めて身に染みて
感じたのではないでしょうか。
どんなときも、ペットを守ることができるよう飼い主として
金銭面はもちろん、あらゆる備えをしてあげたいですね。

より詳しい内容は以下よりご覧ください!
https://mag.anicom-sompo.co.jp/17434?_bdld=3+Xolk.n81yWdM.1617346474

この記事はいかがでしたか?

いいね

アニコム損害保険株式会社の他の投稿