BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close

プルデンシャル生命保険株式会社

【イベントレポート】企業内IT部門で働く意義とは【プルデンシャル生命保険株式会社】

イベントレポート

2月27日(水)、約30名の大学生の皆さんに、ビズリーチ・キャンパス主催の元、IT部門採用枠 特別選考会を開催いたしました。当日は、現場社員も多く参加し、以下のスケジュールでIT部門への理解を深めていただきました。

・会社概要
・IT部門説明
・座談会
・グループワーク
(課題「シンギュラリティ AIに代替されないためには」)

今回は、実際の会話の内容を皆様にお届けします。

プルデンシャル生命保険株式会社とは

登壇者:
プルデンシャル生命保険株式会社
人事チーム 
マネージャー
荒木 孝

荒木:
皆さん、本日はお越しいただき誠にありがとうございます。
まず私から簡単に、プルデンシャル生命保険(以下、POJ)についてご説明をさせていただきます。

POJは、外資系の生命保険会社です。親会社であるPrudential Financial, Inc.は 1875年に創業し、様々なビジネスを展開しています。その中の国際保険部門の一翼を担うのが、我々Prudential of Japan(POJ)です。
私たちPOJが注力しているのは生命保険の本来の意義であり、且つニード喚起が最も難しい死亡保障の提供です。
創業以来30年余りにわたって、順調に業績を伸ばし続け、常に「最高」を目指し、お客様との信頼を築き上げながら、生命保険業界の在り方に変革をもたらすことを目標にしている企業です。

コアバリューは常に持つべき行動規範

IT部門の役割と求める人材像とは

登壇者:
プルデンシャル生命保険株式会社
システム企画チーム
藤平 恭子

藤平:
皆さん、こんばんは。
ここから先はPOJのIT部門について、ご説明します。

POJが50年、100年、と発展していくために未来に向けたシステムの構築が不可欠です。そこで会社を推進する原動力であるIT部門は、2020年の新卒より、IT部門枠の採用を開始いたしました。

本日はPOJのIT部門で働くイメージを持ち帰っていただければ嬉しいです。

皆さんは「IT部門」や「ITの人」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?
よく、専門性が必要な仕事であるというイメージを持たれることが多いのですが、「IT部門」というのは専門性だけではありません。実は人間くさく、ヒューマンスキルが求められる業務です。なぜなら、IT部門の仕事はチームで行う仕事が多く、社内外を問わず関係者が多いためです。
例えば、システムを使うユーザー部門、その他関連部門、システムを実装するIT企業の方々等とお仕事する際にはコミュニケーション力やコンサルティング力が求められます。
また、ただシステムを作るのではなく、システムを通して会社に貢献すること。そして、お客様やライフプランナー(営業社員)、ユーザー部門の皆様に喜んでいただきたいという気持ちを持って取り組むことも重要です。
IT部門では人材モデルを4つのコアスキルをベースに定義しています。POJコンピテンシー(会社が独自に設定するリーダーシップと行動特性の定義)を中心に、生命保険・POJの業務知識、ITスキル、ビジネススキルです。これらをバランス良く身につけていきながら、企業人として成長していってほしいと考えています。

IT部門の位置付け
IT部門には、社内外に様々な関係者が存在します。社内には経営陣やユーザー部門がいて、我々は経営戦略や業務上の課題に対しITを活用した解決策を提案します。それらの実現のため、社外にはたくさんのサポートベンダーが存在し、彼らIT企業との関わりも非常に密なものとなります。IT部門というのはビジネスとIT、双方の知識を持って両者をつなぐ中心的な役割を担っています。
このような働きの連携によって、お客様の満足へ繋がっていくのです。

IT部門に携わる魅力
当たり前ですがIT職に従事しているのはIT企業だけではありません。今日は企業内のIT部門で働くというキャリアについて理解を深め、選択肢の幅を広げていただければと思います。
システムを作る一連の流れは、システムの構想から始まり、要件定義、設計、開発、最後には実際にシステムが利用される運用フェーズまでがあります。SIerと呼ばれるIT企業の場合は関わる領域が限定されることが多く、基本的にはシステムを導入したら終わりです。一方で、企業内のIT部門は、全行程において関わりを持ちながら、会社にとって有益な仕組みを考えシステムを構築し“効果を出す”ことがゴールなのです。
新卒で入社する皆さんが必要なスキルを身につけ、存分に活躍していただけるよう手厚い研修制度を用意し、学ぶ機会を援助していることも特徴です。

IT部門のご紹介は以上です。いかがだったでしょうか。
人事の荒木からも紹介があった通り、プルデンシャル生命は創業以来30年あまり経った今も成長を続けています。そして、今生命保険業界は少子高齢化やITの進化を背景に転換期に差し掛かっています。その中で私たちはITを活用し会社をさらに飛躍させたいと思っています。
そのためには皆さんの力が必要です。この後、座談会がございますので社員の話を聞いた上で興味をもっていただけた方はエントリーいただければ嬉しいです。
ぜひ、仲間になっていただいて一緒に働ける日を楽しみにしています。

エントリーはこちら↓
http://bit.ly/2UJx3cG

座談会で社員が語るPOJの働き方とは

ここからはIT部門で働く沢山の社員が参加して行った座談会の模様をお届けします。

質問1
貴社のIT部門ではシステム開発をSIerと二人三脚で進めるのか、それとも完全にSIerに委託するのか、どちらか教えてください。
答え:前者です。開発する上でどういう風に構築、設計していくかなど、毎週打ち合わせを重ねて頻繁にコミュニケーション取りながら進めています。

質問2
どういった雰囲気の社員が多いか教えてください。
答え:あえて悪い表現をするなら、クセが強くて意志を貫く人が多いと思いますよ。それは、会社の軸があって高みを目指すために妥協しない人が多いからと考えています。人としておかしいという意味ではなく、仕事に対する姿勢にはこだわりを強く持っている人が多い印象です。それがクセの強さかと思います。様々な人と連携して業務することが多いので、通常の会話の中でも同じ方向を向いていることを実感することが多くありますね。

質問3
SIerで働かれた経験があるとのことですが、企業内IT部門と比較するといかがですか?
答え:SIer時代の面白さは自分で手を動かして物を作れることと、それを様々なお客様に届けられるということでしたね。POJに転職した今は、実際にシステムを利用するお客様が喜んでもらえるものを考え、事業を営む上でどのように使うかというところまでの全体を考える部分に面白みを感じます。技術を極める、ということであればSIerで働くほうが適しているでしょうね。

質問4
IT部門で新卒採用を始めた理由を教えてください。
答え: ITに興味のある方々は、初期配属からシステム部門に来てもらって、スキルアップを目指してもらうことが会社のためにも学生の皆さんのためにもメリットがあると考えて、今年から始まりました。

質問5
新卒で入るメリットを教えてください。
答え:私は中途入社ですが、新卒入社した方々を見ていると、同じスタートを切って、それぞれが成長している様子を見ながら切磋琢磨していける同士がいるのは羨ましいと思いますよ。

質問6
これまでの業務の中で、イノベーションを起こした実例があれば教えてください。また、ご自身でこれをやってみたいというものがあれば教えてください。
答え:IT部門の中でまさに今やろうとしていることがイノベーションです。POJではライフプランナーがお客様と向き合い、業界に革新を起こしてきましたが、今後はITの力をもっと駆使してイノベーションを起こしていく時がきており、IT部門が背負う期待値はそういう部分にあるのではないかと感じています。
私自身はデータ分析に興味があるので、属人的になっていたスキルをデータ化していくことに挑戦したいと思っています。

質問7
新卒で入社後、なぜシステム部門を選ばれたのか教えてください。
答え:結論からいうとシステム部門に入って良かったのですが、希望はしていませんでした。就職活動の際には、IT以外を見ていたくらいで、外資の金融などを志望していたのですが、POJ入社後に研修を通してITの分野に触れているうちに、楽しくなってきたというのが現状です。意外と食わず嫌いがあったことに気づきました。

質問8
IT部門の皆さんは営業とは報酬の受け取り方も異なりますか?
答え:そうですね。ライフプランナーとは異なり、私たち本社部門の社員は固定給ですが、年功序列で一律に給与がアップしていくわけではありません。期初に目標を立てて、期末に目標が達成できたのかどうかを振り返って、賞与や昇級が決められる仕組みとなっています。

質問9
どうしてITを志望されたのですか?
答え:世の中を動かす力を持っているのがITだと思っているからです。経営に携わるにしても、ITの知見はこれからの時代は必須と考えて志望しました。

座談会終了後は課題「シンギュラリティ~AIに代替されないためには」というテーマでグループワークを開催しました。
2045年にはAIが人間を越えていくという予想がありますが、AIが人間の知能を越えたとき、仕事という観点で人間はどうするべきか、どのような能力を備えていたら良いか、職種やポジションはどのようであればより良いのか、想像しながらディスカッションし、30分間で考え抜いた多くの意見が発表されました。
この度IT部門にご興味いただけた皆様からのエントリーをお待ちしています!

エントリーはこちら↓
http://bit.ly/2UJx3cG

企業ページのフォローはこちら↓
http://bit.ly/2UI7mcH

この記事はいかがでしたか?

いいね

プルデンシャル生命保険株式会社の他の投稿