BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
業界研究

【図解】身近だけど複雑な銀行業界。あなたは説明できますか?

ビズリーチキャンパス編集部の徳永です。銀行への就職を希望する就活生の皆さんは、業界の全体像を理解できているでしょうか?それほど銀行業界は広く、かつ複雑です。都市銀行と地方銀行の違いは?今の時代に抑えておくべきトピックは?部門ごとにどんな仕事をしているの?この記事を読み終わった時には、こういった全ての質問に答えられる状態になっているでしょう。市場規模が大きく構造が複雑な分、インパクトがあって面白みのある銀行業界。ぜひこの記事で理解を深めてください!

知っているようで知らない〇〇銀行、銀行の種類とは?

○○銀行、あなたはいくつ言えますか?「なんとなく知っている」程度の理解度で選考に進むのは危険です。銀行の種類を一つひとつ理解し、それぞれの特徴をおさえておきましょう。 画像

・日本銀行

日本銀行は、普段私たちが使用する紙幣と貨幣を唯一発行でき(「発券銀行」)、国税や政策投資などの政府のお金の出し入れを全て行い(「政府の銀行」)、全国の金融機関を相手に取引を行う(「銀行の銀行」)日本の中央銀行です。また、割引率や貸付利率を調整し、国全体の経済の安定を図る「金融政策決定機関」としての側面も併せ持ちます。

・政策金融機関

政策金融機関は政府が出資している銀行で、日本政策金融公庫や日本政策投資銀行などが当てはまります。各機関に独自の目的と役割が存在しますが、大きくは経済発展や国民生活の安定を目指して、民間の銀行ではカバーしきれない範囲までサポートします。

・ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行は、預金残高が三菱UFJなどのメガバンクより大きく、国内最多の店舗数を誇る日本最大の銀行です。2006年の郵政民営化法により、それまで国営だった郵政事業が民間銀行「ゆうちょ銀行」として設立されました。

・メガバンク / 都市銀行

メガバンクは、三菱UFJ銀行(三菱UFJフィナンシャルグループ)、三井住友銀行(三井住友フィナンシャルグループ)、みずほ銀行(みずほフィナンシャルグループ)の総称です。名前の通り、大規模な顧客を抱え、海外を含めた広大な範囲でビジネス展開をしています。メガバンクに、りそな銀行を含めた4行が一般的に都市銀行と呼ばれています。

・地方銀行

地方銀行は、地方に営業基盤を持ち、各地域の企業や住民に金融サービスを提供する銀行です。全国展開の都市銀行とは異なり、地域密着型で地域の経済に大きな影響力を持っています。中には預金残高が都市銀行に匹敵する地方銀行も存在しますが、都市銀行との格差は近年広がっていっています。

・第二地方銀行

第二地方銀行は、相互銀行が法律で株式会社化された銀行で、地方銀行とはルーツが異なります。また、地方銀行と同じく地域密着で銀行ビジネスをしていますが、より小規模で、他の種類の銀行では取り扱えない融資案件を担当することが多いです。

・信用金庫 / 信用組合

信用金庫と信用組合は、利益をあげることを目的とした「株式会社」である銀行とは異なり、地域の繁栄のための相互扶助を目的としています。営業地域を限定していて、地域で集めたお金を地域に還元する「非営利法人」であることが特徴です。

・信託銀行

信託銀行が、預金や貸付などの一般的な銀行業務に加え、有価証券や不動産の資産運用を行う「信託業務」、不動産の仲介や証券代行業務、相続管理業務などの「併営業務」を行う銀行です。業務範囲が広く、資産全般のコンサルティングを行えることが特徴です。

・ネット銀行

ネット銀行は、実店舗を持たず、インターネットを介してビジネスを行うタイプの銀行です。人件費がかからない分、金利を高く設定するなど利用者に有利なサービス提供を行っています。また、全ての取引がインターネット上で行われるため利便性も高く、近年利用者が急増しています。

メガバンク3社の比較と今後の動向

就活生からの人気が高いメガバンク3社は、銀行業界の中でも大きな存在感を持っています。業界の全体像を理解するためには、メガバンクに関する知識は外せないでしょう。

画像

・三菱UFJ銀行

三菱東京銀行とUFJ銀行が合併してできた三菱UFJ銀行。業界で最大の規模を誇り、経常利益、預金残高、店舗数、社員数で他のメガバンクを圧倒しています。企業理念に「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」を掲げ、広くグローバル展開をしていて、総資産でも世界5位を誇ります(2018年時点)。

三菱UFJ銀行はよく「グローバル展開が強み」と言われますが、その起源は合併前の三菱東京銀行にあります。三菱東京銀行は、いち早くグローバルに事業展開をしたことで有名な銀行でした。昔から持っている海外ネットワークを十分に活かした上で、今の三菱UFJ銀行はグローバル展開をしています。広大な範囲で長い間銀行ビジネスをしてきたので、膨大な情報の蓄積がされていて、その情報を活用した質の高いコンサルティング業務も強みの一つと言えるでしょう。

「組織の三菱」と言われるように、組織力を大事にする社風です。経営ビジョンにも「グループ一体」という言葉があり、銀行だけでなくグループ全体で金融業界の王者として挑戦をしていると言えるでしょう。

・三井住友銀行

三井グループのさくら銀行と住友グループの住友銀行が、グループの枠を超えてできたのが三井住友銀行です。連結粗利益では三菱UFJ銀行に引けをとりますが、個人の営業力を強みとしていて、社員の平均年収はメガバンクの中で一番高いと言われています。

ペーパーレス化などの経費削減施策でいち早く効率化を進めたり、入社5年目以降は成果主義を導入していたり、旧体制のイメージが強い銀行業界には珍しい風土や制度を持つ銀行です。「若いうちから自分の能力を高めたい」「成長したい」という気持ちが強い学生は、ベンチャー色が他のメガバンクと比べて強い三井住友銀行が合うかもしれません。

「組織の三菱」に対して、「人の三井」と言われます。「いい子になるな、いい個になれ」とあるように、採用メッセージにも個性を大事にしている様子が現れています。一人一人の営業力の強みの背景には、「個人」「個性」を尊重する社風があるのです。

・みずほ銀行

第一勧業銀行と富士銀行と日本興業銀行が統合してできたみずほ銀行の一番の強みは、ブランドメッセージ「OneMIZUHO」の通り、みずほグループが一体となったサービス提供です。銀行の他にも信託や証券、アセットマネジメントなど、グループが持つ機能の横の連携が強く、様々な金融サービスを顧客に合わせて提供します。

また、グループ内の異動も頻繁に行われるため、「入社からずっと銀行員」でいるというよりかは、信託や証券など、様々な金融機能で仕事経験を積むことはできます。他のメガバンクでは叶わない多様なキャリアを歩むことができる銀行です。

メガバンクの中で唯一の非財閥のみずほ銀行。上述の通り、グループの一体感を大切にしながらも、個人の幅広いキャリアを可能としています。「組織」と「個人」の両方をバランスよく重視している様子が伺えます。

銀行業界の市場規模推移

2019年の銀行業界規模は28兆円弱となっております。バブル崩壊の後にグループ再編や不良債権処理でなんとか持ち直した銀行業界ですが、2009年にリーマンショックの影響を受けてしまいます。メガバンクを中心に大幅な赤字を計上してしまいましたが、その後大量の国債を購入することで、安定した運用を目指しました。同時期に、欧米諸国の景気後退を機に日本の国債の需要が大幅に増加します。結果、国債の価格が上昇し、2011年頃から回復期に入りました。

しかし、2015年に日銀のマイナス金利政策が始まり、利ざやが縮小したことで、業績の伸びが鈍化しました。加えて海外事業が伸び悩み、銀行業界の苦戦は今後も続くと予想されています。

画像

銀行の業務は、大きくこの3つ!

銀行業界の構造を理解した後は、銀行での仕事について解説していきます。「銀行業務」と聞いて何を想像するでしょうか。冒頭で「銀行業界は複雑」と記述しましたが、基本的な業務は「預金業務」「貸付業務」「為替業務」の3つです。

画像

・預金業務

預金業務は、企業や個人に口座を開設してもらい、お金を預けてもらう業務を指します。銀行の立場からすると、利用者に預金をしてもらうことで資金を調達し、貸付を行うことができます。また、利用者は預金をすることで金利がつき、自分の資産を増やすことができます。

・貸付業務

貸付業務は、預金を元手に企業や個人に融資を行う業務です。銀行側は利息を取ることで利益を得ます。「貸したのに返ってこない」という事態にならないように、返済能力や貸付期間などを踏まえて、審査を行います。

・為替業務

為替業務は、振込や送金など銀行間の決済によってお金を移動させる業務です。名前だけ聞くと、円やドルの両替をイメージするかもしれませんが、そこは別なので注意。公共料金の口座振替、自動引き落としなどが、為替業務の一例となります。

銀行業界の今後の動向、おさえておくべきポイントとは?

変化の激しい時代、銀行業界にも変化の波はもちろん来ています。ここでは、銀行を受ける就活生なら最低限おさえておくべき、3つのトピックについて解説します。

・フィンテック(FinTech)

FinanceとTechnologyを組み合わせた造語。キャッシュレスやロボアドバイザー、仮想通貨やブロックチェーンなど、近年出てきた金融テクノロジーの総称です。メガバンクや都市銀行も参入を始めています。

・仮想通貨

インターネット上で扱われる仮想のお金で、暗号通貨とも言われます。特定の国家による価値保証がされていないため、信用面での課題はまだまだ多いが、ビットコインなどの有名通貨は既にインターネット上の決済手段として海外を中心に利用されています。

・キャッシュレス

現金を使わないお金の取引を指します。事前にチャージして使う交通系ICカードなどのプリペイド式の「前払い」、利用と同時に口座引き落としが行われるデビットカードなどの「即時払い」、クレジットカードの「後払い」のように、決済方法にも種類があります。

銀行の組織、部門ごとの役割を解説!

銀行の組織構造はかなり複雑になっています。本店と支店には大きな役割の違いがあり、部門別に見てもやっている仕事はそれぞれ異なります。銀行業界の全体観を掴む上で、一つひとつの機能を理解することは必須です。 画像

・銀行組織:本店(本社)

本店は、名前の通り、銀行の主軸となる店舗になります。銀行全体の経営企画を行う管理部門、大企業をクライアントとする営業部門、都市開発などの大規模プロジェクトの資金貸付を行うプロジェクト部門など複数の部門が存在します。中でも支店支援部門は、各支店の運営状態をチェックし、宣伝広告の立案や、有効なセールス手法の提供など多面的な支援業務を行なっています。このように支店と密接に関わっていて、本店と支店が両輪となって銀行組織は動いているといえるでしょう。

・銀行組織:支店

皆さんが普段の生活で一番接する機会が多いのは、銀行の支店だと思います。銀行業界を根幹から支えており、「営業店」とも言われる通り、営業の最前線の現場です。支店長の元で、窓口業務、取引先業務、融資業務を行います。

・審査部門

営業部が獲得した融資案件を、相手がちゃんと返済できるかどうかを調査し、検討する部門。融資先企業の業績や今後の成長可能性など多角的な視点で調査を行うため、貸付業務を何度も経験したことあるベテラン行員が配属されることが多いです。

・投資銀行部門

株式や債権を発行することで証券市場から資金を調達したり、豊富な金融ノウハウを活かして中小企業などにM&Aに関するアドバイスを行う部門。仲介手数料やアドバイス料で収益をあげています。

・審査部門

営業部が獲得した融資案件を、相手がちゃんと返済できるかどうかを調査し、検討する部門。融資先企業の業績や今後の成長可能性など多角的な視点で調査を行うため、貸付業務を何度も経験したことあるベテラン行員が配属されることが多いです。

・投資銀行部門

株式や債権を発行することで証券市場から資金を調達したり、豊富な金融ノウハウを活かして中小企業などにM&Aに関するアドバイスを行う部門。仲介手数料やアドバイス料で収益をあげています。

・国際部門

外国為替や輸出入に伴い貿易手続きなどを行う「外国為替取引業務」と、海外市場調査や企業の進出先、パートナーの選定支援などを行う「海外進出支援」の2つの業務を主に行う部門。近年、企業の海外進出が活発化し、国際部門の重要性は高まっています。

・ディーリング部門

外国為替の他に、国内の公社債や円資金の売買(ディーリング)を行う部門。国際取引も活発なので、国際部門と同様24時間体制をとっていることが多いです。

・調査部門

経済や企業経営の指標を分析して、顧客に有益な情報を提供する部門。具体的には、実体経済の予測、金融動向、金利予測、国際情勢の分析などを行います。また、保有している豊富な情報を元に、中小企業に対してコンサルティングを実施している調査部門もあります。

・システム部門

銀行のコンピュータシステムの開発と運用を担当する部門。インターネットバンキングの普及によって、セキュリティシステムの構築が求められるなど、近年システム部門の重要性が上がってきています。部門の特性上、理工学部出身者が配属されることが多いです。

あとがき

いかがでしたか?この記事では、銀行業界についてわかりやすくシンプルに解説していきました。就活生の皆さんには、興味を持った箇所を自分なりに追加で調べて、理解を深めてほしいと思います。

【引用】
・Openwork
https://www.vorkers.com/my_top
・バフェットコード
https://www.buffett-code.com/
・日経XTECH「IT大手の「勢力図」に大異変?
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/03616/
・ビジネス+IT「5分でわかる地銀の基本」
https://www.sbbit.jp/article/cont1/32502
・財務省「全ての取扱金融機関一覧
https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/organization/all/
・金融大学「銀行の業務」
https://www.findai.com/kouza/109fin.html
・三菱UFJ銀行「企業情報」
https://www.bk.mufg.jp/kigyou/index.html
・三井住友銀行「三井住友銀行について」
https://www.smbc.co.jp/aboutus/
・三井住友銀行「部門紹介」
https://www.smbc-careers.com/section/
・みずほフィナンシャルグループ「みずほについて」
https://www.mizuho-fg.co.jp/company/index.html?rt_bn=fg_top_gn1