BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
選考対策

インターンをはじめる時期の違いやメリットを知って就活に役立てよう

インターンシップには、短期インターンと長期インターンがあります。それぞれの違いは?申し込み時期は?気になる情報や細かいスケジュールはしっかり把握して効率的に就活に活かしましょう。

インターン申し込み時期徹底解剖

インターンシップには、短期インターンと長期インターンがあります。長期インターンの場合は、通年通して募集がされています。長期の場合は、一年生や二年生から始める人も多く、就活を終えた四年生で社会勉強のために参加する人もいます。
短期インターンシップについては、学生の長期休みに合わせた夏休み・冬休み・春休みに開催されることがほとんどです。申し込み時期は、開催の1カ月前から募集が始まります。同じ企業のインターンシップでも、短期の場合は複数のスケジュールがある場合もあります。
ギリギリになって希望の企業のインターンに応募ができなかったということにならないように、早めにスケジュールなどをチェックするようにしましょう。

インターンで今後のキャリア観が変わるのか

多くの学生が参加を希望するインターンですが、インターンに参加をすることで今後のキャリア観は変わるのでしょうか。多くの学生は、アルバイト経験はあっても企業内で働く経験はない人が多いでしょう。企業がアルバイトを使ったとしても、一定の仕事を任せるだけとなり、企業の内情などはわからないはずです。
インターンシップに参加をすることで、企業内部に関わることができます。自分が描いていたイメージの企業と違うというケースも多くあります。しかし、その違いが良い方向に変わったというケースも多く、もっと知りたいという思いに変わることもあります。
就職したい業種が定まらない学生の場合、短期インターンシップを複数体験することで、さまざまな業種を知ることができます。インターン参加をすることで、その後のキャリア観が変わることは、十分考えられるといえるでしょう。
短期インターンシップだったとしても、非常に内容のあるものも増えています。企業の社員と接することで、大学にはなかった経験をすることができ、ガイダンスだけでなくワークショップなども開かれ、自分が進みたいと考える企業に入るには、自分はどのようなスキルを身に着けていくべきかを知ることができます。

社会人としての心構えと将来像を学ぶ

インターンシップに参加すると、社会人としての心構えと将来像を学べます。学生だけで過ごしていれば、普段の生活の中で社会人としての心構えを学ぶチャンスは多くありません。
「企業に入ればなんとかなる」と考える学生もいますが、インターンシップに参加をし社会人としてのマナーやルールなどを学んでいた人に比べると、入社時から差が出る可能性もあります。特に長期インターンシップに参加をしていれば、社会人として働く機会となるため、大きなキャリアの差になるでしょう。
学生のうちは、お金がもらえればどんな仕事でも構わないと、仕事に対しての意識が低い人もいます。しかし、中には自分がやっていきたい仕事というものをしっかりと持ち、将来のプランをしっかり持っている意識の高い学生もいます。
そのような学生であれば、インターンシップ参加を有意義なものにすることができるでしょう。企業の中に入ることで、自分が目指したい分野やポジションがどのような状態なのかを知ることができ、将来像を描く大きなチャンスとなることは間違いないでしょう。

画像

インターン募集時期別解説

短期と長期の違い

短期インターンと長期インターンの違いは、仕事内容のリアリティにあります。企業研修に近く、企業説明やワークショップなどを組み込んだ内容が多く、複数の企業インターンに参加することが可能なため、業界の研究がしやすいのが特徴です。
短期インターンでも、3日以上のインターンは内定が決まりやすい傾向にあります。1日だけの短期インターンでは、企業側には印象に残りづらいですが、自分が多くの企業を知りたいと思うのであれば有効な方法です。
期間に決まりはありませんが、3カ月以上であれば長期インターンとなるでしょう。長期インターンは、長期で希望の企業に携わることができるため、企業のことだけでなく仕事の流れや、社会人としての心構えや社会経験を積むことができます。短期と違い、実際のビジネスに携わることができます。

各インターン別の特徴

インターンシップはその開催時期による特徴を持ちます。春休みを利用したインターンは、就活前の最後の短期インターンのチャンスです。自分が志望している業種を重点的に絞って参加をするのがおすすめです。周りの学生の雰囲気も、夏や冬に比べて真剣さが増してきているはずです。
夏休みを利用した短期インターンは、企業側も多くのインターンと関わりたいという考えが強く、学生も業種や企業が絞りきれていないというケースも多いため、多くの企業を知ってみたいという考えが多いのが特徴です。そのため、多くのインターン募集が集まりやすい時期でもあります。
冬休みを利用したインターンは、内定を意識して参加をする学生が目立つようになります。企業側も学生獲得に向けて、さまざまな内容を盛り込む時期となります。参加する学生も、より会社のことを深く知り、社会人としての成長につながります。

画像

充実したインターンを経験するために

準備万端で挑もう

インターンシップの参加を決めれば、次は事前準備を始めることが大切です。まずは、自分が参加する企業の情報を得ておくことです。インターネットなどを利用し、詳細を理解しておきましょう。事前に企業研究をしたうえで参加するのが当たり前です。
インターンシップとはいえ、入社した場合の事前練習のつもりで挑む気持ちを持ちましょう。また、円滑なコミュニケーションのため、自己紹介を事前に考えておくことが必須です。名前や大学名だけでなく、自分が取り組んでいることや、今後の目標などを明確にはっきりと伝えるようにしましょう。

終わりも大切

インターンシップが終わってもまだ油断をしてはいけません。インターンシップが終わったら、必ず企業にお礼メールや手紙で感謝の気持ちを伝えましょう。例文などを参考にしながら、自分の気持ちを伝えられる丁寧な文章で送れば、担当者の印象に残るはずです。
さらに、人事担当だけでなくお世話になった人達へのお礼も書きましょう。インターン時に担当してくれた人の名前は必ず覚えておきましょう。お礼のメールを送るタイミングは、翌日がベストだといわれています。
あまり日にちが経ってしまうのは、相手側にも印象があまり良くありません。インターンシップ参加が終了した翌日には必ず出せるように、すぐにお礼メールは送りましょう。もし、翌日に送ることができなかった場合は、お詫びの言葉を添えて送るようにしてください。

画像

インターンにエントリーして経験を積もう

就活に有利とされる経験ができるインターンシップにエントリーして、多くの貴重な経験を積んでみましょう。自分が描く将来に近づくためにも、インターンとして企業に関わることはとてもメリットがあるはずです。自分に合った時期に、積極的な利用をおすすめします。

社会を知る方法はインターンだけじゃない

インターンシップに参加することで、その会社を深く知ることが出来ます。 ですが、インターンシップに参加できる社数は限られているはず。1人あたり平均して3~5社程度受けられるはずですが、スケジュールの関係でそれ以上は難しいことも。 では、それ以外の会社や業界のことを知るにはどうしたら良いのでしょうか?

答えは、OB/OG訪問にあります。ビズリーチ・キャンパスには多様な業界、会社に所属する先輩社会人が登録しています。あなたのキャリア選択にきっと力になってくれるはず。

学生ならではの特権を使って、今しか聞けない話を聞きに行ってみませんか?