BizReach Campus

App Storeから無料ダウンロード

ダウンロード
close
選考対策

【インターン対策】エントリーシートの書き方の基本を完全網羅!

就活生にとってインターン選考や本選考で必須の関門となっているエントリーシート。 初めて取り組む場合、どのように書けば良いのか悩んでしまう人もいるでしょう。 まずは、エントリーシートとは何か、どのような心構えで臨むのが良いのかを一緒に考えてみましょう。

こんにちは!ビズリーチ・キャンパス編集部です。就活生にとってインターンシップ選考や本選考で必須の関門となっているエントリーシート。初めて取り組む場合、どのように書けば良いのか悩んでしまう人もいるでしょう。まずは、エントリーシート(ES)とは何か、どのような心構えで臨むのが良いのかを一緒に考えてみましょう。 画像

インターン選考のエントリーシートとは

エントリーシートをしっかり書くためにも、まずはその目的と履歴書との違いをおさえましょう。

エントリーシートを提出する目的

企業がエントリーシートを求める目的について、考えたことはありますか。それは履歴書では盛り込むことができない企業独自の採用視点を、エントリーシートには設問として自由に設定できるからです。 また自由度が高いことを利用して、エントリーシートの配布を企業説明会のみに限る企業もあります。これは企業への興味を測る意味合いもあり、エントリーシートを入手できなかった人はインターン選考に参加できません。
したがって、どれだけこまめにその企業の情報を、受ける人側がチェックしているのかを測るという目的もあります。

エントリーシートと履歴書の違い

志望企業へのエントリーの際に、エントリーシートと履歴書の両方の書類を提出する場合があります。一見するとあまり違いがあるようには思えませんし、共通の回答項目などには同じ内容を書けばいいようにも思いますよね。 しかし、同じ内容を書いてしまっては自分の魅力を十分に伝えられません。エントリーシートと履歴書のどちらも活かすために、意識的に内容を書き分けることがポイントなのです。人事担当者の目的からすると、エントリーシートは自分を売り込む企画書のようなもの、履歴書はエントリーシートの内容を裏づける自分の略歴が記されたもの、といえそうです。
実際に、採用で重視されるのは履歴書よりもエントリーシートの方です。当然ですが、履歴書では自分の経歴や資格についての嘘は書けません。しかし、エントリーシートではある程度自分を魅力的に見せるために表現を工夫することができるのです。 画像

インターン選考を通過できるエントリーシートの書き方

エントリーシートとは、自分を売り込む企画書のようなものです。簡潔に自分の魅力を伝えるエントリーシートを目指してみましょう。

基本の項目

まずエントリーシートに必要なのが、あなたがどこの誰なのか、自己紹介や基本的な情報を記載しておくことです。

日付
日付は応募企業に提出するその日です。メール提出の場合はメールを送信する日、郵送ならポストにいれた日、企業に持参するのであれば持参する日が望ましいとされます。和暦か西暦、どちらかにそろえて書くことも忘れないようにしましょう。
証明写真
証明写真が求められるのは、企業が本人確認を行うためです。そのため顔が良く見えるようにし、眼鏡を常日頃から使う人はかけたままで問題ありません。写真サイズは自分が送るエントリーシートに合わせて用意し、可能であればデジタルデータを保存しておくと後々の対応が楽になります。
氏名
誤字がないように、丁寧に記入しておきましょう。メールなどで送る場合も、誤字がないことは大切です。
住所
基本的には今住んでいる場所の住所を、都道府県名からマンションやアパートの部屋番号まで記入します。ただし、帰省時に連絡があることも踏まえ、必要に応じて「帰省先住所」や「その他住所」を記入しておくことをおすすめします。
電話番号
日中でも連絡が取りやすいように、携帯電話の番号や自分が日中一番身近に置く電話の番号を書いておくのがおすすめです。

志望動機の書き方と例文

私は年齢に関係なく活躍できる社風に魅力を感じ、貴社を志望致しました。私はボランティアの経験から、相手の立場に立ちつつ、物事を進めることにやりがいを感じています。貴社ではお客様への対応について、年次に関係なく意見を述べ合う会議があると知りました。上下の関係を超えて、お客様への対応について考えていけることに魅力を感じています。私は貴社において、積極的に自らの意見を発信し、貴社に貢献していきたいと考えております。

エントリーシートの志望動機のポイントとして「最初に企業の魅力を簡潔に語る」ということが挙げられます。あなたが企業のどこに魅力を感じたのか、魅力を感じた理由、その理由に対する具体的な経験、そしてもう一度最初に述べた企業の魅力の順に文章を構成すると、志望動機として分かりやすくなります。 また企業を選んだ理由が「自分が求める条件に合う」ということであれば、それを最初に盛り込みます。今住んでいる場所に最も近く、かつ、希望している職種であるという人もいるかもしれません。その場合は「住み慣れた地域にある」という理由を深堀することで、志望動機になります。

自己PRの書き方と例文

私は学生時代、15の県でボランティア活動を経験しました。現地ではボランティアや現地の方と話し合いをする機会も多く、年齢やバックグラウンドを最大限に考慮しつつ話し合いをするスキルが身につきました。 貴社の上下関係なく意見が交わせる現場においても、このスキルは最大限に活用できるものと思います。現場でも積極的にこの強みを生かして、新たなことを吸収し、貴社に貢献していきたいと考えております。

自己PRと志望動機は、切り離せない関係にあります。これまでの具体的な実績や自身の強みに、企業の志望理由を合わせることで、自分がどう企業に貢献できるのかを具体的にアピールできるからです。 例文では「年齢に関係なく人と意見が交わせるようになった」という自身の強みが最初に示されています。くわえて志望理由の「上下関係なく意見が交わせる社風に魅力を感じている」ことから「現場でもこの強みを生かして積極的に新たなことを吸収して貢献したい」という貢献内容をアピールしています。

学生時代に頑張ったことの書き方と例文

私が学生時代に頑張ったことは、ボランティア活動です。私自身、中学生のころ被災者となった経験があり、ボランティア活動に強い興味を持っていました。 活動中には被災地の方と資源をどう活用すべきか、話し合いをすることもありました。私は自分が被災したときの経験を踏まえて対応する中で、年齢が全く異なる人ともスムーズに会話できるようになりました。 私はこの活動から、年齢やバックグラウンドを最大限に考慮して会話をするスキルや、限られた資源をいかに活用するか工夫する精神を学ぶことができました。

エントリーシートの設問でも特に多いのが、学生時代に頑張ったことです。大切なのは、嘘は絶対につかないことです。「大変なことはどんなことですか?」という質問や「工夫したことはどんなことでしょうか?」といった質問に対し、嘘はすぐばれてしまいます。 頑張ったことを企業側が聞く理由も、しっかり考えておきましょう。頑張ったことを聞く理由は、あなたがどんなことなら頑張れるのかを見定めるためでもあります。なぜ頑張れたのか、困難に直面したときもどうして頑張れたのか、どう強みを発揮したのか、その強みは会社に入ってからも生かせるのかを踏まえ、最後に学んだことを伝えると効果的です。 画像

エントリーシート作成時の注意点

どんなエントリーシートでも、最終チェックは欠かせません。どんなポイントを押さえればよいのか解説します。

提出前は必ず最終チェックを行う

1.大きな余白はなくす
2.誤字脱字がないかチェックする
3.第三者に読んでもらい客観的な意見をもらう

この3つは最終チェックポイントとしてとても大切です。しかし、3つ目のチェックポイントが難しい場合もあるでしょう。そんな時は、自分でもう一度「一文の長さ」と「意味の通りやすさ」の2点に注目して読み直してみましょう。 厳密に守りすぎる必要はありませんが、一文あたり40~45文字程度が読みやすい文の長さの目安です。また一文の中に伝えたいことをたくさん盛り込むと、意味が通りにくくなります。「ですが」や「~と考えたため」などを多用して、文章を繋ぎすぎないよう注意しましょう。

自由フォーマットの場合もある

中には「A4の紙に自由に記述してください」というエントリーシートを提示して、独自性や個人の価値観を強く図ることを目的とする企業もあります。印刷やクリエイティブ系の企業に多く、ここで「何となく面白そう」という理由で志望してきた人をふるいにかける意味もあります。 たとえばA4用紙一面に、志望動機がびっしりと細かい文字で書いてあったとしましょう。魅力的なことが書いてあったとしても、そこまで読むにはとても労力がかかるため、その時点で選考から外されてしまうかもしれません。
この自由フォーマットに、正解や記述例はありません。しかしポイントとして「この書き方で相手に自分の気持ちは伝わるか?」ということや「読む人は読みやすいか?」「もっとこの人を知りたいと思ってくれるのか」と言う点は忘れないようにしましょう。 画像

エントリーシート対策は万全に

ESの書き方や内定者ES例を掲載している就活対策サイトは沢山ありますが、それらの対策を講じて選考を通過し、たとえ内定獲得ができたとしても、それは自分の努力で手に入れたものとは言い難いですよね。それでは自分のキャリアのための本質的な就職活動にはなっていません。
自分自身が働くことをもっと具体的にイメージして業界・企業研究をすれば、リアリティのある魅力的なESを書くことは決して難しくはないはずです。 遠回りだと思わずに、自分のキャリアをしっかりと考えることから始めましょう。そのためにOB訪問をすることは良い手段の一つです。

ES対策は必要。でも、本質的なキャリア形成をしたいなら

ES対策は、内定の確率を上げるのに必要なことですが、はたして「内定を獲得すること」は真のゴールといえるのでしょうか? 「仕事」という時間は人生の大半の割合を占めています。そんな中、周りの意見や評価に流され、自分の心の中の意思に反する形でキャリアを選ぶことは将来の自分の首を苦しめるだけなのではないでしょうか。 ES対策に取り組む前に、ぜひ自分自身と語り合ってみてください。 意味のあるファーストキャリア形成をビズリーチ・キャンパスは様々な形で応援をしています。 我々のサービスを覗いてみませんか?